【要チェック】旅行の持ち物はこれだ!

「また、忘れたの?」「荷造りめんどくさいなぁ・・・」

「荷物多すぎて持ってくの大変・・・」

旅行前なのに、こんなこと思ったりすることはよくあると思います。

私もよく思います。

そんなあなたに、荷造りのコツや忘れものを減らす方法をお伝えします。

私は、めんどくさがり屋なので準備とかいつも直前にやっていました。

しかし、いつもなにかしら忘れてしまい、「ちゃんとやっておけばよかった~」って後悔してました。

だけど、この方法をはじめてから、忘れ物もなくなり、旅行も楽しめるようになりました。

では、さっそく見てみましょう。


必需品だけは忘れるな!これだけは先に準備しとこう

  • 現金
  • クレジットカード・電子マネー
  • 身分証明書(免許書など)
  • パスポート(海外旅行)
  • 携帯電話・スマートフォン
  • (コンタクトの人は)予備のコンタクト・メガネ
  • 航空券、新幹線や切符などのチケット類
  • 替えの下着、衣類
  • 薬(酔い止め・花粉症など)
  • アメニティグッズ

最低でも上記のものさえあれば、旅行自体には問題ありません。

日帰り旅行でしたらこれで十分です。

今の時代、キャッシュレス化が進みカードやスマホで支払いができるようになっていますが、現金は必ず持ちましょう。

観光地ではまだまだ現金がメインです。

また、旅先にコンビニやATMがない場合もあるので、手元に普段より多めに残して置くのがベストです。

宿泊する場合や温泉に入る場合などは、アメニティグッズ必須です。

最近は少なくなりましたが、アメニティ類を置いていないホテルなどがあります。

私がむかし泊まった宿泊施設の一つに、アメニティ類を置いてないホテルがありました。

使うものは持っていこう!現地調達は△

  • モバイルバッテリー
  • スマホなどの充電器具
  • イヤホン
  • 折りたたみ傘
  • タオル(バスタオル・ハンドタオル)
  • 袋(コンビニなどの袋からゴミ袋サイズを大小1枚ずつ)
  • ティッシュ(ポケット・ウェット)
  • ガイドブック
  • カメラ
  • ※お酒、タバコなどの嗜好品

モバイルバッテリーは使用頻度にもよりますが、持っていくべきです。

もし、電池がなくなってしまったら連絡手段をなくなってしまいます。

タオルは経験上、1つは持っていったほうがいいですよ。

急な雨や怪我をしてしまった場合など幅広く対応できます。

途中温泉に入る場合でもレンタル費用を抑えられますし、持って行って損はありません。

袋はゴミ入れから、一度着た衣類などをまとめて袋に入れたりと、幅広い使い方がありおススメです。

上記のものが、家にある場合持っていきましょう。

というのも、現地調達をする場合、’’価格が高い&全部揃う保証”はない’ことを頭に入れておきましょう。


日本の四季には「適応力」がカギ!

春や秋などは寒暖差が大きく、体調をくずしやすいですよね。

旅先の気候などは慣れていないので、なおさら崩しやすいです。

なので

(春・秋)

日中は暖かいが夜は冷え込むことが多いので、長袖や気温調節のしやすいパーカーなどを持っていく。

(夏)※レジャー向けなど

  • 帽子やサングラス、日傘、日焼け止めなどのUVグッズ
  • 虫よけスプレー、ムヒ
  • 水筒(保温できおすすめ)
  • ※水着、ビーチサンダル
  • ※タオル

(冬)※ウィンタースポーツ向け

  • カイロ
  • マスク
  • ※スキー、スノボー板
  • ※ウェア

あると便利!移動を快適にするおすすめグッズ3選

ここでは、私が「持って行ってよかった!」ものを3つ紹介します。

どれも、忘れがちなので要チェックですよ。

  • ウェットティッシュ

ウェットティッシュはとても便利ですよ。

例えば

  • 移動の車内でお菓子をつまんだとき
  • 食事前や食事後に手などをふく時
  • 何かをこぼしたとき
  • 手などが汚れたとき

などなど。

意外と出番が多いんですよ、この子。(笑)

コンビニなどで携帯サイズのウェットティッシュが簡単に手に入るので、ぜひお持ち下さい。

  • 折りたためるサブバック・トートバックやエコバッグ

これはホントに便利ですよ。

使わない際には、スーツケースやボストンバックなどにしまえますし、観光地などを散策するときには中に財布や携帯、カメラやお土産などなんでも入れられます。

これは私も必ず持っていきますし、肩にかけれるので多少持っていくものが多くても全部入っちゃうんでおススメです。

  • アイマスク、耳栓

飛行機やバス、新幹線での移動って意外と雑音が気になりませんか。

そしてなかなか寝つけなくてスッキリしない。

でも、それをやわらげてくれるのがこちら。

メグリズムの「蒸気でホットアイマスク」です。これに耳栓を合わせれば、

最強タッグです。

慣れてない場所で寝るのって、緊張して眠りが浅くなりがちなんですよ。

試してみてください、疲れが全然違いますから。

【番外編】女子旅はプラスαで荷物を持ってこう

  • 化粧品(化粧水・乳液など)
  • 洗顔フォーム
  • シャンプー、リンス、ボディソープなどの石鹸類
  • クシ
  • ヘアアイロン
  • 生理用品

女子は自分の肌や髪にあう洗剤類を持ってく方も多いのではないでしょうか。

ホテルのシャンプーなどは万人向けに作られてますので、自分がいつも使っている洗剤を持っていくのがベストです。

MUYI 小分けボトル 海外 旅行ボトル プラスチック容器 詰め替え ポーチも付き シャンプー クリーム 化粧品 収納 旅行用品 無色

写真のようなボトルに詰め替えておくとムダなく使えて便利ですよ。

ホントに必要?スマホ一つでまとまるぞ!

ここまで、必需品やおすすめの物を紹介してきましたが、持っていくものは人それぞれです。

そして、今の時代スマホひとつで何でもできるような時代です。

支払いや情報もスマホでできます。
進化してますね。(笑)

例えば、

  • ガイドブック(旅先の情報など)
  • カメラ(最近の機種はコンデジ以上の性能を持ったものが多い)
  • 電子マネーを使った支払い

これら全部スマホでできます。
そう、まとめられるんです。

これだけでも荷物が減ります。似たようなものはまとめていきましょう。

ただし、海外などではスマホが使えない場合もあるのでガイドブックが必要になりますし、写真撮影が趣味の人はもちろん持ってくべきです。

また、国内でガイドブックを使う場合もネットよりはるかにこまかい情報が記載されていたり、おトクな情報が乗っていたりします。

自分自身と相談して、臨機応変に対応しましょう。

まとめ

・必需品は一番最初に準備しよう

旅先や、電車に乗ってから忘れたのに気づいても取りに帰れません。

特にお財布や身分証明書はどうにもなりません。

なので、忘れないためにも一番最初に準備し、かばんやバックの中にいれておきましょう。

・使うものはなるべく持っていこう

旅先での現地調達はなるべく避けましょう。
観光地価格の場合がおおく、また、望んでいるものが手に入らない場合があります。
調達の場合は余計な出費がかさんでしまうので、なるべく避けましょう。

・適応力が攻略のカギに!

日本の四季は豊かです。

そして、知らない土地に行くと「思ったより寒かった・・・」なんてことも十分考えられます。

快適に過ごすためにも気温調整のしやすい服などを一着持っていき、臨機応変に対応しましょう。

・おすすめグッズは一度試してみるべし

まずは、チャレンジ。
自分に合わなかった場合は他人に譲ったりでいいのです。

快適に過ごせる可能性をもつグッズはたくさんあります。

もしハマったら旅行が楽しみになること間違いなし。

・女子はプラスαを忘れないで!

女子は男子より荷物が多くなりがちです。
荷物が増えてしまうのはしょうがないです。
しかし、自宅で使用している化粧品を小分けにしておくと便利です。

めんどくさいかもしれません。
ですが、考えてみてください。
これだけで、女子力あがりますよ。

・荷物は簡単にまとめられます!

スマホにまとめることで1キロ前後軽くなります。
一泊二日の旅などで、気にしないのであれば着てきた服を着るなどすれば、さらに軽くなります。

まとめ方は人それぞれ、そのぶん方法も無限大です

荷物は旅の相棒です。

この方法で荷造りすれば、楽しい旅になること間違いなし。

是非、忘れたことが思い出にならないよう、楽しい旅にしてください。