なぜ働く女子の旅行先にアジアが人気なの? アジア旅行の魅力教えます

「女1人でも手軽に安心して行けるアジアの旅行先を知りたい」
「初めての海外旅行。観光もグルメもエステも美容も満喫したい」
この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

こんにちは^^旅行大好き旅行のために働くOL、ゆでもちです。
今回は働く女性におすすめなアジアの旅行先とおすすめ観光スポットをご紹介します。

日本からもアクセス抜群。
日本人の口に合うグルメやマッサージが手頃な価格で体験できる事が魅力の「アジア旅行」

近年、アジア旅行に行く女性が増えているというニュースを耳にしますよね

でもアジア旅行と聞くと、治安とか衛生面とかちょっと不安という女性も多いはず。

せっかく時間とお金を使って行く海外。
異国の土地での女子旅はドキドキしますよね。

でも大丈夫。
事前に情報を頭に入れておくと気持ちに余裕ができ、堂々と旅行の当日を迎えられるようになります。

それではわたしが体験した話をもとに、アジア旅行のポイントをお伝えします。


ホテル選びは超重要!ホテルの質でアジア旅行は左右される。

ホテルでゆっくりする至福の時間旅行の楽しみの一つですよね。

そんな1日の3分の1を過ごす拠点となるホテルは、旅行の良し悪しを左右する超大切なファクター。
まだまだ途上国と言われるアジアに旅行にとって、ホテルの質は超重要なのです。

なぜ、ホテルの質重要なのでしょう。
まずホテルが関係するコトについて確認しましょう。

質のいいホテルに泊まるメリット
  • 他の観光地へのアクセスがスムーズになる
  • 治安が良いエリアにあるので夜遅くに到着しても安心
  • ブランドのホテルでも驚くほどリーズナブルな値段で泊まることができる
  • 少しくらい夜遅くなっても治安がいいエリアなので安心。観光の時間を延長できる
  • 安心して眠ることができるので翌日の観光に支障が出ない

せっかく時間とお金を使って行くアジア旅行。

限られた時間を万全な体調で思いっきりエンジョイしたいですよね。

翌日の行動に影響を出さず、時間を無駄にしないためにも、
女性のアジア旅行はちょっといいホテルを選択いただく事をオススメします。

驚きの価格で泊まれるアジアのホテル事情。

いいホテルに泊まりたいけど、ショッピングでもお金を使いたいしできれば予算は安く抑えたいもの。

その気持ちよーく分かります。
わたしも以前はそうでした。

実は、アジアのホテルって驚くほどお手頃価格でお泊まりできちゃうんです。

それもそのはず。
日本の物価の平均が3分の1と言われているのでホテルもリーズナブルなんです。

運が良ければ憧れの5つ星ホテルも1泊1万円以下で泊まれる事も。
日本ではなかなか手が出せないラグジュアリーな体験ができるのもアジア旅行の醍醐味です。

そうはいっても初めての海外。
土地勘もないし、目的地のホテルまでまずはたどり着けるか不安。そんなあなたの不安を解決してくれるアイテムがあります。

方向音痴なあなたの相棒。海外いくなら必須のwifiと配車アプリのご紹介

日本でもよく迷うのに、ましては異国の地で目的地までたどり着くのは至難の技。
方向音痴のわたしにとって地図問題は悩みの種でした。

そんなわたしに欠かせないのが、「ポケットwifi」と「配車アプリのダウンロード」
この2つのおかげで、旅行先での目的地にいけないという不安から一気に開放されました。

出先でも楽々情報収集。ポケットWifiは旅のともだち

空港についたら一刻も早く外に出たいですよね。
そこで飛行機を降りた時点からネットを使う事ができるポケットwifi

ポケットwifiの特徴

  • SIMを入れ替えることなく飛行機を降りたら即インターネットが使える
  • カウンターに行ってSIMカードを買わなくていいので時間の節約にもなる
  • かさばらないので荷物が多い女性にもおすすめ

携帯の電波が繋がりストレス無くネットにアクセスができるってかなりホッとします。インターネットにつながっているだけの安心感ってすごいですね。

旅行にオススメポケットwifi

フォートラベル グローバルWifi
  • 業界最安値で、アジアのエリアをほぼ網羅している。
  • 渡航先にもよるが1日あたり100円〜400円と低価格。
  • 自宅や出国前の空港(国内10箇所)で受け取ることができる。
  • 万が一も安心!安全のサポート体制(LINE Skype 電話対応。

【公式】フォートラベル グローバルWifi

イモトのWiFi
  • 芸人の「イモトアヤコさん」を起用し知名度NO1。
  • コンセントの形状が日本と異なる国に渡航する時は現地のコンセント仕様に変換してくれるマルチプラグつき

【公式】イモトのWiFi

地図で悩む必要なし!女性にうれしい配車アプリ

実は日本ではまだまだ普及してませんが、アジアの各国では自家用車を持っている個人がドライバーとなり、アプリを通じて送迎を行うサービスがスタンダードとなっております。

そんなインフラともなっているサービスが『Grab

「グラブ」と読みます。

使い方はとっても簡単。

アプリを開き行き先を入力すると後何分で迎えに来るか
どんなドライバーさんが迎えにくるか、料金はいくらかアプリ上で表示されます
今どこを走っているかアプリ上で確認できるので、ぼったくられる心配はありません

現在フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア 、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジアでで利用でき、目的地まで安心して移動することができますよ。

万全の準備をしても、個人で旅行をする時は全て自己責任です。

働く忙しい女性にとって、自分の日程にあわせてスケジュールをカスタマイズができるというメリットがある反面、自己責任で旅行を計画しないといけないというデメリットもあるもの。

そこで、旅行のために働くOLのゆでもちが実際に1人で行ってみて、女性にも安心だな。と感じた国とスポットをご紹介いたします。


とにかく限られた時間で思いっきり楽しみたい。それなら韓国のソウル

働く女性にとって、旅行に行ける時間は限られていますよね。

「リフレッシュしにどこか海外に行きたい、でも時間も無いし・・」

という方に是非ともオススメしたいのが韓国のソウルです。

ソウルが働く女性に人気の4つの理由

ソウルが働く女性に人気の4つの理由
  • 東京から2時間半、大阪福岡からは2時間。
  • LCCを利用すれば片道1万円弱とリーズナブル。
  • 成田、羽田、札幌、大阪、名古屋、福岡と主要都市から直行便が出ていてアクセス抜群。
  • セールだと往復1万円以内で行けちゃうことも。

映画を1本見る時間で楽々海外旅行ができちゃいます。

もちろん時差も無いので、時計の針を合わせる心配も不要です。

「韓流ブームってもう終わったんじゃないの。今更韓国?」と思っている人が多いですが、そんなことありません。

実はソウルはグルメやファッションの最先端と言われております。

SNS映えをするグルメや最先端のスポットを楽しめたり、流行に敏感なあたなにオススメの旅行先です。

今からソウル旅行のオススメを紹介しますね。

まだまだ韓国がホットと言われる理由は「トレンドグルメ」

旅行シーズン

観光街歩きなら、3月〜5月 9月〜11月がベストシーズンと言われております。
晴天が多く、街歩きに最適です。

日本でも着れるお洒落な洋服がたくさん売ってあるので、現地で服を購入するのもあり。
一年中通して多くの日本人観光客でにぎわう人気のスポットです。

ソウルと行ったら韓国料理をイメージされる方も多いはず。
インスタにおもわずアップしたくなるグルメを紹介しますね。

ソウルに来たら食べて欲しい。友達に自慢できる2大ソウルグルメ

まるごとチキンの「タッカンマリ」


韓国の水炊きのようなお料理です。鶏肉を丸1羽煮込んでいるのでインパクト大。

思わず写真に収めたくなりますね。
鶏肉はもちろん、鶏から出たスープがこれまた絶品なんです。
旅先で疲れたカラダに温かいチキンのスープが染み渡って、やみつきになります。

あっさりしているので日本人の口にぴったり。
日本語での食べ方も掲示してあるので安心。
翌日はコラーゲンでお肌がプルプルになる嬉しい効果も。
ソウルに行ったら是非ともチャレンジしていただきたい一品です。

「ソンガネタッカンマリ」さんの基本情報

    住所:ソウル特別市 鍾路区 崇仁洞 201-13

    アクセス:東大門から2駅の新設洞駅(シンソルトン)から徒歩10分

    営業時間:10:00〜15:00 17:00〜22:00

    定休日 :日曜日

    営業時間:10:00〜15:00 17:00〜22:00

    電話:02-2234-9065

    材料がなくなり次第終了することもあるのでお早めに。

植木鉢スイーツ「バナナツリー」

出典元:SEOUL NABI:https://www.seoulnavi.com/food/4846/

植木鉢?と思ったあなた。

残念。。実はスイーツなんです。

その正体はティラミス。
植木鉢に入ったティラミスはSNSに思わずアップしたくなりますよね。
植木鉢ティラミスが食べられるのは「BANANA TREE」さん。
こちらもカロスキルにあるカフェで頂くことができます。

「BANANA TREE」さんの基本情報

    住所:ソウル市城東区(ソンドング)聖水洞1街(ソンスドンイルガ)685-315

    アクセス:地下鉄2号線トゥクソム駅8番出口を出て、徒歩300m

    営業時間:11:00〜22:00

    定休日:旧正月、秋夕

    電話:02-792-6050

韓国と言えばショッピング。ここさえ抑えておけばOK!3つの人気スポット

韓国と言うと、ショッピングも楽しみのひとつ。最先端の洋服やコスメがリーズナブルに購入できます。

若者の街「ホンデ」

最先端のファッションのお店が軒を連ねているので、最新のアイテムをまとめて一気にチェックできます。

夜遅くまで空いているショップもたくさん。
韓国で人気のオンラインショップやここでしか買えない限定の直営店も多くあります。

眠らない町「トンデムン」

ソウルを代表する観光都市のトンデムン。
明け方まで営業をしているので、日中深夜とわず活気付いております。

昔ながらの問屋から近代的なファッションビルまでところ狭しと並んでおります。激安アイテムや掘り出しものに出会えると人気のスポットです。

日本語OK 韓国初心者に安心の「ミョンドン」

韓国コスメの聖地とも呼ばれるミョンドン。

老舗デパートから世界のファッションブランドが集まるショッピングのための街です。

日本語OKのお店も多く両替所もたくさんあるので、安心してお買い物ができますよ。

見所がありすぎて、リピーターも多いソウル。
グルメもショッピングも効率よく満喫したいあなたの旅行先にぴったりです。

「お手頃リゾート」思い切って羽を伸ばすならフィリピンのセブ島

せっかくの海外旅行。
非日常な南の島で、思いっきり羽を伸ばして、パワーチャージなんで憧れますよね。

でも南の島って遠そう・・リゾートはそれなりのお値段がしそう。
と感じたあなたに「フィリピンのセブ」をおすすめいたします。

実はセブ、手軽にいけちゃうリゾートとして近年女性に人気のスポットなんですよ。

セブが女性のアジア旅行先に選ばれる5つの理由

セブが女性のアジア旅行先に選ばれる5つの理由
  • 成田から4-5時間とアクセス抜群
  • 東京、大阪、名古屋から直行便がある
  • 時差はわずか1時間(日本が1時間早い)
  • 日本では体験できない、綺麗なビーチやリゾートを満喫できる
  • 英語がメインのため、海外に来たという感覚を味わえる

といった理由で、セブは世界有数のリゾート地としてありながら物価の安さが魅力として知られております。
例えば、最高級のマッサージも日本の約半額で体験できちゃうんです。

そうは言ってもフィリピンってまだまだ発展途上のイメージがあるので、「女性だけでの旅はちょっと危険」・・と感じる方も多くいます。

たしかにエリアによっては野犬がいたりとちょっとこわいエリアもありますが、セブには駐在員も多く滞在しているので安心。
中でもマクタンのリゾートエリアは治安が良いと評判です。

それではセブの見所と安心の観光スポットの紹介をご紹介いたします。

旅行シーズン
平均気温が27度と温暖なセブ。
2月〜5月は晴れの日が多くておすすめです。

ショッピングモールはクーラーがきいているので、羽織れる上着が1枚あると安心です。

日焼け止めも忘れずに。

服装
ホテルやレストランなどドレスコードが必要な場所意外、ラフな服装で大丈夫です。
ビーチに行く際はサンダルが必須です。
街中を歩く女性の足元を見てもサンダルの人が大多数。
歩きやすいシューズを選んでくださいね。

物価
リゾート地であってもセブの物価は日本と比較しても格安です。
例えば一度は利用するタクシー。
初乗りは80円で乗車できます。
ガソリン代も安いため300m進む毎に5円ずつと大幅に上がることは無いので安心して利用できます。

お酒
お酒好きな女性に朗報なのが、アルコールの値段。
暑い国だとよりお酒が美味しく感じますよね。
質も良くて美味しいお酒が日本の半額以下で販売されています。
種類も豊富にあって、女性向けのフルーティーなビールもあるので色々と飲み比べてみるのもいいですね。

リゾートホテル 
憧れの一度は泊まってみたい5つ星ホテルリゾートホテルも
時期によっては1泊1万数千円〜泊まる事ができます。
セブに5つ星の最高級リゾートホテルは7つあるので要チェックです。

女子旅オススメ!パワーチャージできるセブ観光スポット3選

セブと行ったら綺麗な海をイメージされる方が多いので、女子旅に最適なオススメスポットを紹介しますね。

ナルスアン島

セブからわずか45分で到着ができる無人島

無人島だけどオシャレなカフェレストランも利用できます。
設備の整った場所で思いっきりリフレッシュすることができますよ。

島よりも長い桟橋やSNS映えするフォトジックなスポットが盛り沢山。

ハンモックやビーチチェアが完備されているので、リゾート気分を思い切り満喫できること間違いなし。

インペリアルスパ

2015年にオープンをした大人気のスパ。
綺麗な施設で極上マッサージが受けられるとして女性から高い指示を受けております。
ココナッツオイルマッサージやアロマテラピーマッサージがなんと1,000円以下で試せちゃうんです。

実はスパ以外にも併設されているネイルサロンもクオリティが高いと評判です。大人気なので、公式facebookから予約すると時間を有効活用できますよ。

ちなみに日中はハッピーアワーをやっているのでお得に施術を受けることができるので、

予約は明るく安全な昼間をおすすめいたします。

セブの街並みを一望。24時間営業の「山頂展望台トップス」

トップスはセブの街並みを一望できる人気観光スポットです。

山頂まで行くと、飲食店もあるので、ビール片手に美しい景色に酔いしれる・・・なんてことも。
山の上にあるので市内からタクシーで行くのがオススメです。
料金は往復で2,000円前後。

オススメ陽が沈む夕方や夜ですが、日中も天気がよければ近隣の島を見渡すことができます。

24時間開放しているので様々なセブの顔を楽しむことができますよ。

日本からのアクセスも良く、手頃な値段で自然豊かな日非日常リゾートを満喫できるセブ。
パワーチャージの旅の候補に加えて見てください。

友達と時間が合わない、でも旅行に行きたい。1人旅行ならマレーシア

「旅行に行きたいな、でも友達とは予定が合わないし」

働く女性にとって休みは取りづらいもの。
旅行に行きたくても友達と都合が合わなくて断念したあなた。

もしあなたが1人でもアジア旅行に行きたいとお考えでしたら、マレーシアのクアラルンプールをおすすめします。

クアラルンプールが1人旅にオススメな6つの理由と3つの見どころ。

クアラルンプールが1人旅にオススメな理由
  • マレーシアは多国籍国家のため、様々な国のグルメ、マッサージ、文化に触れることができる
  • 首都クアラルンプールは交通の便もよい
  • 空港からも楽々アクセスができるので女性でも安心
  • LCCの直行便エアアジアを利用すれば、3万円ちょっとで往復できる 飛行機で7時間
  • 空港からも楽々アクセスができるので女性でも安心
  • 羽田からの深夜便があるので時間を無駄にせず観光ができる

女性1人でも安心して観光ができます。
ショッピング、グルメ、マッサージなど、自分のペースでおもいっきりエンジョイしたいならマレーシアをおすすめします。

マレーシアってイスラム教のイメージだけど女性ひとりでも大丈夫かな?
と不安に思った方もいるでしょう。

おっしゃる通り、多民族国家のマレーシア。
中でもイスラム教は6割の割合を占めております。

特に寺院に行く時に肌を露出してしまうと入れないこともあるので、1枚ストールをカバンに入れておくと安心です。

マレーシアの首都クアラルンプール は日本人の移住先としても人気で、英語も通じます。
アジアの発展を象徴する近代的な街です。
それでは、女性1人旅におすすめなマレーシアの見所を紹介しますね

旅行シーズン
一年中を通して温暖なマレーシア。
3月〜7月前半は気温が上がるので、7月後半〜10月が過ごしやすい、ベストシーズンです。
基本的に冷やすのをおもてなしと考えているのでショッピングモールやバスや電車の中はかなり寒いです。
上着やストールが1枚あると寒さ対策ができます。

質が良くてリーズナブルなマッサージなら「ジャラン・アロー通り」

アジア旅行の楽しみの一つがマッサージ。
日頃溜まった疲れや旅の疲れを思いっきり癒したいですよね。
実はここマレーシア。
マッサージの聖地なのです。

なぜならマレーシアはマレー人の他にもタイ、インドネシア、中国など様々な国の方集まっている多民族国家だからです。

ですので、タイマッサージや中国式リラクゼーション、指圧マッサージ、ホットストーンマッサージなど

様々なマッサージが驚きのお値段で楽しむ事ができるのです。

そこでオススメなのが、「ジャラン・アロー通り」

出典元:https://tori-dori.com/asia/2019/08/09/44626/

ところ狭しとマッサージ屋さんが並んでおり、
全身のボディーマッサージでも1時間3,000円以下で堪能できます。
観光客向けに営業しているので店内は清潔、カードも使え明瞭会計で安心です。

ジャラン・アロー通り」の基本情報

    アクセス:KLモノレールBukitBintang駅から徒歩5分。KLセントラルからだと歩いて20分(grabタクシーを利用するのがオススメ。数百円で目的地まで行けます)

    アクセス:地下鉄2号線トゥクソム駅8番出口を出て、徒歩300m

    営業時間:深夜まで営業しているお店が多いため、午前中は閉まっているケースも

    定休日 :お店による

    呼び込みもあるので、自分で料金やサービスを見比べる事も大切です。

近代都市を満喫するなら「KLタワー」

世界で7番目に高いと通信タワーとして有名はKLタワー。
上部には360度みわたせる展望台が併設されています。
そこでぜひとも試していただきたいのは、屋外展望台のスカイボックス。

な、なんと前面ガラス張りなんです。
まるでマレーシアの空に浮いているような感覚に。
写真を撮ってもらうこともできます。
高いところが得意な方は、勇気を出してチャレンジしてみるのも旅の思い出になりますよ。

「KLタワー」の基本情報

    住所:メナラクアラルンプールNo. 2ジャランプンチャックオフジャランP.ラムリー50250クアラルンプールマレーシア

    <pKLモノレールのラジャ・チュラン駅から徒歩で約11分。

    営業時間:9:00〜22:00

    定休日 :年中無休

    料金:屋内展望台:52RM スカイデッキ105RM ※1RM=約25円

    KLタワーはちょっとした岡の上に位置します。クーラーの効いた無料の送迎バスが出ているので利用してくださいね。バスは約15分間隔で運行しております。また12才以下の方はスカイデッキは入れません。

【公式HP】 KLタワー

ショッピングやグルメなら、「パビリオン」

クアラルンプールを代表する繁華街に、洗練されたショッピングセンターとして知られるバビリオン。

マレーシア料理、中華料理、インドネシア 料理と言った多民族国家ならではのグルメが楽しめると人気のスポットです。

どこで休憩しようか迷うほどレストランやお洒落なカフェが軒を連ねているので、見て回るだけでワクワク。

どのお店も衛生的て涼しいので女性でも安心して一息つくことができますよ。

おひとり様旅行でもぜんぜん浮かない多民族国家のクアラルンプール。
近代都市でマッサージやショッピング、グルメを自分のペースで楽しんで、日頃の疲れをリセットしましょう。

「パビリオン」の基本情報

最寄り駅はMRTとモノレールのブキッ・ビンタン Bukit Bintang駅から徒歩2分

営業時間:10:00〜22:00

定休日 :年中無休

東京ドーム2・7個分の巨大ショッピングセンター500以上のお店が軒を連ねております。

KLタワーはちょっとした岡の上に位置します。クーラーの効いた無料の送迎バスが出ているので利用してくださいね。バスは約15分間隔で運行しております。また12才以下の方はスカイデッキは入れません。

【公式HP】パビリオン

女子旅ならアジア旅行のまとめ

働く女性の旅行にアジアをおすすめする理由

・私にぴったりな観光地って?
・女性でも安心して行ける海外の旅行先を知りたい

アジア女子旅は事前準備が旅行の「質」を決める

女性1人で行く場合や、限られた旅行日数で観光される方
「ホテルは立地が良いところ、セキュリティがしっかりしているところ」を選ぶ

時間を節約したい方や、空港からホテルまでたどり着けるか不安な方
「事前にWIFIや配車アプリの準備をしておく」

「とにかく限られた時間で思いっきり楽しみたい」それなら韓国のソウル

手軽に行ける韓国ソウルの魅力をご紹介。

ベストシーズン、オススメグルメ、ショッピングスポットをまとめております。

旅行に行きたいけど、まとまった休みが取れない。
国内じゃなくて海外がいいという方にオススメです。
最先端のインスタ映えするグルメ、ショッピングのを手軽に楽しみましょう。

オススメの日程
2泊3日あったら、有名なところは一通り回れます。
ソウルは鉄道が発達しているので移動も快適ですよ。
週末韓国に行っている女子も多いんだとか。
またソウルの空港にはスパや仮眠ができる施設があるので、早朝に空港に着いたらシャワーを浴びて仮眠を取ってリフレッシュして観光もできます。

「お手頃リゾート」思い切って羽を伸ばすならフィリピンのセブ島

非日常なラグジュアリー体験が驚きの価格でできるリゾート地、フィリピンのセブ島を紹介しております。
オススメの観光スポットやホテル 情報を紹介しております。
自然豊かなリゾート地でパワーチャージをしたい女性に人気のエリアです。

オススメの日程
少なくても2泊3日は欲しいところ。
旅行先のプランにもよりますが、海のアクティビティは意外と時間がかかるもの。
そして結構疲れるので、帰ってきた後はホテルで爆睡なんてこともあるので、余裕をもったスケジュールをオススメします。

友達と時間が合わない、でも旅行に行きたい。1人旅行ならマレーシア

女性のひとり旅でもぜんぜん浮かない。
安心してエンジョイできるマレーシアのクアラルンプール を紹介しております。

アジア旅行でクアラルンプールをおすすめする理由やマレーシアの魅力

ベストシーズン、みどころ、おすすめの観光スポットを紹介しております。

自分のペースで楽しみたい女性にオススメです。

オススメの日程

深夜便を使え早朝から観光できるのが特徴のクアラルンプール。首都だけの観光であれば1泊2日あればある程度満足できます。

もし余裕があったら郊外にも足を伸ばして見るのも有り。
世界遺産の街「マラッカ」もクアラルンプールから片道3時間弱でいけちゃいます。
近代的な都市とは雰囲気の違う伝統的な街も楽しめますよ。

アジア旅行は「ホテルの質と事前準備でほぼ決まる」と言われています。
せっかく時間とお金を使っていくので、安心にエンジョイしたいですよね。

今回は女性1人でも安全に、手軽に行けるオススメのアジアの旅行先を3つご紹介しました。

働く女性にとってリフレッシュも大切。
次回のアジア旅行はあなたにあったプランで思いっきりパワーチャージしてください。
素敵なアジア旅行を応援します。