ホームステイ先に馴染めない時は?人間関係で困ったときの対処法5つ
うっぴー。うっぴー。

ホームステイ先になじめなくてつらい…。
ホストファミリーと打ち解ける方法が知りたい…。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

ホームステイ中に、一人で悩んでいませんか。
海外での生活、はじめは慣れないことが多く苦労します。
英語が話せないことより、人間関係で悩む人が多いです。

うっぴー。うっぴー。

そうなんです。
行くまでは言葉が伝わるか心配だったのに…。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

私のホームステイの経験は、18歳のときアメリカで、20歳のときフィリピンで、それぞれ3週間です。
ホストファミリーとは仲良く過ごせましたが、はじめはなじめるのか不安もありました。
今回は、「ホームステイ先でなじめない時の対処法」をご紹介します。

うっぴー。うっぴー。

切実に知りたいです!

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

対処法を知らず、なじめないままだと、一人で悩んでいても前に進めません。
記事を参考にすると、前に進むきっかけをつかめるはずですよ。
一つでも楽しい経験を持ち帰ってくださいね。
応援しています。


まずは基本から!姿勢を見せよう

うっぴー。うっぴー。

ホストファミリーと仲良くなるために、何をしたらいいですか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

大事なのはコミュニケーションをとろうとする姿勢です。

うっぴー。うっぴー。

どういうことでしょうか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

笑顔で挨拶したり、感謝や謝罪の言葉を伝えるなど、基本的なコミュニケーションはしっかりとりましょう。
英語力より大事なのはコミュニケーション力です。

うっぴー。うっぴー。

たしかに、日本でも基本的なことができない人は、人と仲良くなりづらいです。
海外でも同じことなんですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そういうことです。
会話以前にちょっとしたコミュニケーションをとっておくと、ホストファミリーも気軽に話せます。
自分から話しかける時も、話しやすいですよ。

私はアメリカで、はじめてホストマザーに会った時、かなり緊張していました。
当日の写真を見ると、私の表情はガチガチで、マザーも笑顔がぎこちない感じです。

うっぴー。うっぴー。

どうやって仲良くなったんですか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

大きく打ち解けたきっかけは、2人で寝坊をしたときのことでした。

アメリカでは、通っていた学校が遠いため、バスが来る地点まで、毎日マザーに車で送り迎えをしてもらっていました。
ある日、ホストマザーと2人で寝坊をしました。

私は目覚まし時計をかけ忘れ、出発ぎりぎりの時間に起きました。
マザーは目覚まし時計に気づかず寝ている様子です。
慌ててマザーを起こし、2人でワーワー言いながら、大急ぎで準備して車に乗った時は、大笑いしました。
何にも代えがたい思い出になっています。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

いつも私が大事にしていたことがあります。
はじめて何かを見たときや、何かしてもらった時、ちょっとしたことでも少しオーバーにリアクションをし、笑顔でいることです。
また、マザーに悪いことをしてしまったときは、気持ちを込めて謝りました。
そういったコミュニケーションのつみかさねから、お互いの失敗を笑いに変えられたのでしょう。

うっぴー。うっぴー。

でも、英語でうまく話せないことが気になって、コミュニケーションがとれないこともありますよね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そういうこともあります。
しかし、ホストファミリーは他にも学生を受け入れてきた可能性があります。
はじめてだとしても、学生がすらすらと話せることは期待していません。

うっぴー。うっぴー。

言われてみるとそうですね。
もし自分が逆の立場だったとしても、最初から会話が成り立つとは思わないです。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

基本的な挨拶などのコミュニケーションがとれていれば、会話はカタコトになってしまっても問題ありません。

コミュニケーションをとりたいという気持ちは伝わります。
どう言えばいいのか聞いてみてもいいです。
あなたの気持ちを大事にして、単語でもいいので発してみましょう。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

うまく話せなくても、まずはコミュニケーションをとる姿勢を大事にしてくださいね。

まずは基本から!姿勢を見せよう まとめ

うまく話せなくても、話そうという姿勢が大切!
笑顔を忘れずに!

ルールは何のため?良い関係を守るためにある!

うっぴー。うっぴー。

ホームステイ先で気をつけることはありますか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

ホームステイ先によって決められたルールがあります。
はじめにしっかり確認して、守るようにしましょう。

生活のルールは、文化の違う人が一緒に生活をする上で、トラブルを防ぐために必要なものです。
つまり、ホストファミリーと学生の関係を良好にするため、お互いを守るためにあるということです。
また、ホストファミリーがこれだけは守ってほしいと思っていることでもあります。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

ルールが厳しい場合もありますが、きちんと守る姿勢を持って良好な関係をきずきましょう。

たとえば、シャワーの時間は〇分まで、洗濯をしていい時間帯は朝または夜、部屋の暖房は〇〇のときだけつける、など他にもいろいろとあります。
また、生活する中で疑問に思ったり、決まりがあるのかどうか分からない場合は、その都度確認するようにしましょう。

うっぴー。うっぴー。

そんな決まりがあるんだと思うものもありますよね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうですね。
よくあるのは朝ご飯の食べ方です。

日本ではお母さんが用意してくれるイメージがあります。
海外では、自分でパンやシリアルなどを取り、各自ですませる場合が多いです。
私ははじめに確認しそびれて、数日間朝ご飯を抜きにしてしまったこともあります。

うっぴー。うっぴー。

それは大大変です。
しっかり確認するようにします。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

万が一ルールを破ってしまった場合は、きちんと謝罪の言葉を伝えて、繰り返さないようにしましょう。
大事なのは、ルールを守ろうという姿勢を見せることです。
怒られるのを恐れてうそをついてしまったり、言い訳ばかり言ってしまうと、信頼を失ってしまう場合もあるので注意してくださいね。

私の場合、アメリカのステイの際は、宿題でマザーの協力が必要な時は言うことになっていました。
ある日、夕方に2人で外食をして帰ったら、時間が遅くなりました。
すると、タイミングを逃して宿題のことを言い出せなくなってしまったのです。

結局、マザーは仕事で疲れているのに、夜遅くに宿題をみることになってしまいました。
「早く言ってほしかった」と言われてしまいました。
私は心から謝り、翌日からは繰り返さないようにしました。
そのあとは問題なく宿題に付き合ってくれましたし、同じようなことはありませんでした。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

ルールはしっかり守り、守ろうとする姿勢を見せましょう。

ルールは何のため?良い関係を守るためにある! まとめ

ステイ先のルールを確認し、守る姿勢を見せよう!
失敗したら謝罪し、繰り返さないようにする!


輪の中に入れないときは?2人で話してみよう

うっぴー。うっぴー。

家族の会話に入れないときはどうしたらいいですか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

初めから家族の会話に入ろうとするより、1対1で話す練習をしましょう。

「家族との仲は良いけれど、いまいち輪の中に入れない」と悩んでいませんか。
はじめから、みんなで話している輪の中に入るのはむずかしいです。
英語力が追いつかないからです。
まずは、1対1で話す練習をしてからにしましょう。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

1対1なら、わからなければ聞き返せます。
ペースを気にせず、ゆっくり話せます。

うっぴー。うっぴー。

たしかにそうですね。
それに、1対1だと落ち着いて話せます。

私のアメリカでのホストファミリーは、一人暮らしの女性でした。
はじめは子どももいるにぎやかな家庭も楽しそう、と思っていました。
でも、家の中に二人だけなので、ゆっくり話す機会が多くありました。
私の英語はつたなかったですが、安心して話せました。

フィリピンのホストファミリーは、子どもが3人と若い夫婦に、その兄弟もよく遊びに来る大人数の家でした。
家族は優しく、私に質問もしてくれました。
でも、家族の会話の輪の中に入るのはなかなかむずかしかったです。
特にタガログ語で話しているとき、一気に居場所がなくなったように感じたりしていました。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

時々二人になれたのは、奥さんとお手伝いさんでした。
1対1で話せた時は、ゆっくり会話できて、お互いの理解も深まりました。

うっぴー。うっぴー。

それはよかったです。
でも、2人になる時間がなかったり、2人だとよけいに緊張してしまうということもあると思うんです。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

もちろん、そういう場合もあります。
むずかしければ、何か手伝うことはないか聞き、手伝いながら話してみましょう。
もしくは、手伝いが終わって時間ができた時に話すのもいいです。

うっぴー。うっぴー。

なるほど。
きっかけをつくって話すのも楽しそうです。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

家族の中で、話しやすそうな人を見つけて話してみましょう。
2人で話すと話しやすいですよ。

輪の中に入れないときは?2人で話してみよう まとめ

1対1の会話から練習しよう!
お手伝いしながらの会話も〇!

英語が下手でも大丈夫!同じ体験をしてみよう

一緒に体を動かそう

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

機会があれば、体を動かすことなどを一緒にしてみましょう。
英語がうまく伝わらなくても、言語に関係なく楽しめるからです。

スポーツ

スポーツは誰とでも楽しめます。
アメリカでは、ホストマザーと一緒に川でカヤックを体験しました。
一緒に参加した他の方々とも、交流ができて楽しかったです。
フィリピンでは、子どもたちとバレーボールをしたのも交流になりました。

ドライブ

フィリピンのホストファミリーは忙しく、一緒に出掛けることはほぼありませんでした。
でも、1度だけバイクに乗せてもらって近所を1周したことがあります。
といっても、おじさん、おばさん、子ども、私の4人乗りです。

明らかに人数オーバーですが、みんなでよく乗っているようです。
家族にはさまれて乗っていたら、家族の一員になれたような気持ちがするのです。
私にとっては大切な思い出です。

散歩

一緒に体を動かす機会や道具がない場合は、散歩という手もあります。
アメリカのマザーとは、何度か散歩をしながらおしゃべりしたことがあります。
適度な運動にもなっていいですよ。

ハプニング

他には、何かのハプニングもあげられます。
フィリピンでは、よく停電がおきます。
ある日、夕食時に停電がおきましたが、家族は慣れているので、すぐにろうそくに火をつけました。
家族の顔と食べ物だけが見えるので、一気に距離が近くなったような気がします。
私は、ろうそくの火で食事したことがなかったので、ワクワクしたのを覚えています。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

言葉が話せなくても、楽しい時間を共有することが大切なんですね。

相手の文化を体験しよう

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

土地の文化を体験することで、ホストファミリーの生活する環境を知ることができます。

うっぴー。うっぴー。

休日の過ごし方も日本とは違うでしょうね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうなんです。
おもしろい経験ができました。

日曜日は毎週教会に一緒に行きました。
土地の文化や人の空気感を感じることができる貴重な機会です。
子どものころ家族と教会に行った話なども聞くことができました。

アメリカではバンドスタイルの教会へ行き、歌や演奏を楽しみました。
マザーになぜ日本では無宗教が多いのか聞かれましたが、考えてもみなかったので驚きました。
宗教一つでもとらえ方が違うことを知ることができます。

フィリピンではカトリックスタイルのミサに参加しました。
歌や進行も土地に根づいたものです。
アメリカとは全く違う経験ができました。

教会でイベントをすると近所の人がたくさん来てくれます。
私が参加したホームステイを含めた活動は、大学がキリスト教系なので教会とかかわりがありました。
だからこそ、ホームステイも受け入れられていることを実感しました。

うっぴー。うっぴー。

宗教の違いを実感できそうですね。
でも、宗教を信仰していないのでどうしたらいいのかわからないんですが…。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そういう人もいます。
しかし、ホストファミリーに教えてもらいながら参加すれば、大丈夫ですよ。
興味がなくても、ホストファミリーの生活を体験する目的で参加してみましょう。

それぞれの地域やホストファミリーによって、違ったスタイルの教会があります。
ホストファミリーの生活の一部を知ることができますよ。
もし、教会に行く機会があれば、ホストファミリーの生活を知るために、ぜひ参加してみましょう。

英語が下手でも大丈夫!同じ体験をしてみよう まとめ

一緒に体を動かしたり、文化を体験することでホストファミリーの生活を知ろう!

悩みすぎないで!割り切ることも大切

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

「なじむ=家族の一員のようになる」ということです。
ただ、ホストファミリーによっては、家族の一員のように扱う必要はないと考えている場合もあります。
そもそもホームステイに対する捉え方が違うなら、仕方ないと割り切ることも必要です。

うっぴー。うっぴー。

どういうことですか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

ビジネスとして、収入のためにホームステイの受け入れをしている人もいるということです。
場合によっては、家族と食事の場所や内容が違ったり、家族だけで出かけてしまうこともあるようです。
「部屋を貸している」という認識なので、契約上決まっていること以上はしないという考えになります。

家族の一員のように扱われない場合、「こちらが何をしてもなじめない」と感じてしまうこともあります。
でも、悩んでいても仕方ないです。
学校の友達と仲良くなってどこかに出かけたり、他の所に居場所を見つけるようにしましょう。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

とはいえ、割り切れない場合もあります。
一つは、頑張れば仲良くなれそうな場合です。

まだあまり話していないのに、自分で勝手にネガティブにとらえていることもあります。
仲良くなれる可能性がないか、もう一度見直してみましょう。
頑張れば仲良くなれそうなら、受け身ではなくこちらから質問をして頑張ってみましょう。
文化や言語を学び取る気持ちが大事です。

うっぴー。うっぴー。

いつまでも受け身ではいけませんね。

もう一つは、どうしても期待するホームステイに近づけたい場合です。
ホームステイで経験したいことがあきらめられないこともあります。
あきらめられない場合は、学校などに相談してステイ先を変えてもらうことも検討しましょう。
ただし、ホストファミリーとトラブルを起こすことなく、円満に進めることが大事です。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

ホームステイ先によっては、家族の一員のように過ごすことはできない場合もあります。
あまり悩んでも仕方ないので、ときには割り切ることも大事ですよ。

悩みすぎないで!割り切ることも大切 まとめ

努力をしてもなじめないなら、「仕方ない」と割り切ることも必要!

まとめ

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

今回は、「ホームステイ先でなじめない時の対処法」をご紹介しました。

まずは基本から!姿勢を見せよう

大事なのはコミュニケーションをとろうとする姿勢です。
うまく話せなくても、問題ありません。

ルールは何のため?良い関係を守るためにある!

家庭で決められているルールはしっかり確認して、守りましょう。
万が一破ってしまったら、しっかり謝り繰り返さないようにしてくださいね。

輪の中に入れないときは?2人で話してみよう

初めから家族のペースで会話が進む場より、1対1で話す練習をしてからにしましょう。
2人になる時間がない場合は、何か手伝うことはないか聞き、手伝いながら話したり、終わったあとで話しましょう。

英語が下手でも大丈夫!同じ体験をしてみよう

一緒に体を動かそう
機会があれば、体を動かすことなどを一緒にしてみましょう。
散歩をするのも手です。
何かハプニングがあったときも貴重な機会ですよ。

・相手の文化を体験しよう
教会についていくなど、土地の文化を体験してみましょう。
宗教に興味がなくても文化を知れるチャンスですよ。

悩みすぎないで!割り切ることも大切

ホームステイに対する捉え方が違うなら、仕方ないと割り切ることも必要です。
他のところに居場所を見つけましょう。
頑張れそうなら、受け身ではなくこちらから、文化や言語を学び取る気持ちで質問を頑張ってみましょう。
どうしても期待するホームステイに近づけたいなら、学校などに相談してステイ先を変えてもらうことも検討できます。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

「ホストファミリーになじめない」という方、あなただけではありません。

うっぴー。うっぴー。

自分だけかと思っていましたが、ホームステイ経験者の多くが経験していることだと知って、安心しました。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

まずは、勇気を出して歩み寄ってみてくださいね。
私がホームステイで感じたのは「国や人種、文化が違っても同じ人間なんだな」ということです。
行く前に感じていたへだたりが、少しでもなくなるような体験ができることを願っています。

うっぴー。うっぴー。

ホームステイが不安でしたが、なんだかがんばれそうな気がします!
ありがとうございました。