大阪グルメ【観光客は知らない】地元の名店から穴場まで12選

 大阪と言えば食い倒れの街。
せっかく大阪旅行をするならお店選びに失敗せずにグルメを満喫したいと思いますよね。
この記事はそんなあなたに向けて書きました。

 食べ歩きが大好きな大阪のグルメライター、lucaです。
美味しいお店があると聞いたらすぐに足を運んで自分の舌で確かめます。
私が美味しいお店をたくさん知っているので、知り合いに
「オススメのお店教えて」とよく聞かれます。

この記事では大阪名物のたこ焼きやお好み焼きだけでなく、グルメな大阪人に人気のお店までご紹介しています。

もちろん有名店はガイドブックに載っています。
しかしグルメな大阪人がそこへ行っているとは限りません。

この記事を読むことで、ガイドブックには載っていないグルメスポットを知ることができ、お店選びに失敗することは絶対に無いでしょう。

あなたの大坂旅行が大満足になることをお約束します。
それではどうぞ。


大阪名物「たこ焼き」は絶対はずせない!

「あべのたこやき やまちゃん 本店」出汁のきいた生地がやみつきに!

出典元:http://takoyaki-yamachan.net/menu/より引用

大阪人でやまちゃんを知らない人はいません。
やまちゃんのたこ焼きは「 外はカリっ、中はとろ~」としていて最高に美味しいんです 。

中でも何も付けずにそのまま食べる「ベスト」というメニューがおすすめです。

「でも、ソースやマヨネーズを付けなかったら味が無いんじゃないの?」

私も初めは半信半疑でした。
コテコテが好きなので、もし味が無かったらどうしようと心配に思いました。
だから、念のため「ベスト」と「ヤング(ソース+マヨネーズ)」の両方を買いました。

ベストを食べてみると中から出汁のきいた生地がとろ~と出てきて感動したのを覚えています。

もう病みつきになりました。

やまちゃんの公式ホームページにも生地へのこだわりが記載されています。

「なんといっても風味豊かな生地のおいしさ。鶏ガラ、昆布、かつお出汁などを数種類ブレンドした出汁に10種類以上の季節の野菜や果物合わせ、時間をかけてつくる秘伝のスープを使っております。」

http://takoyaki-yamachan.net/point/より引用

友達の家へ遊びに行く時にやまちゃんを差し入れで持っていくと、必ず喜ばれるのでしょっちゅう買っています。

ランチやディナーでも良し、おやつでも良しです。

時間をつくってぜひ行ってみてください。

■あべのたこやき やまちゃん 本店
[住所]大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-34
[TEL]06-6622-5307
[営業時間]
平日11:00~23:00/土11:00~23:00/日・祝11:00~22:00
定休日:第3木曜日、元旦
[アクセス]電車/近鉄「阿部野橋駅」から徒歩1分、JR・地下鉄「天王寺駅」から徒歩5分

トッピングとボリュームが自慢の「お好み焼き」をご賞味あれ

「お好み焼き オモニ 本店」インパクトにびっくり!

出典元:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270205/27000560/より引用

大阪のお好み焼きと言えば、鶴橋にある「オモニ」が一番です。
オモニでは好きなトッピングを追加できて、自分のお気に入りの一枚を食べることができます。

さらに芸能人も多く来店していて、芸能人がトッピングしたものが実際のメニューになっています。

欲張りな私のオススメは「赤井英和スペシャル」です。
豚、スジ、イモ、ゲソ天、キムチ、ネギ、玉子のトッピングで、これでもかというくらいに具だくさんです。
満足すること間違いなしです。

「それだけトッピングされていたら、重たくて全部食べられないんじゃないの?」

食いしん坊の私も、ドーンっと出された時はそのインパクトに驚いて全部食べられないんじゃないかと不安になりました。

しかし、食べてみると生地はフワッ、サクッとして、中は空気が入っているのを感じました。

オモニのお好み焼きは粉ものと言うより、キャベツを少しの粉で固めたようなイメージなので苦しくならずに最後まで美味しく食べられます。

「見た目に圧倒されつつも、それぞれの具材がいい味を出していて、食べる箇所によって味が変わるので飽きさせません。うまいうまいと言いながら、こちらもあっという間に完食してしまいました。」

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270205/27000560/dtlrvwlst/B401919204/?use_type=0&smp=1#94564905食べログの口コミより引用

鶴橋に来たら、オモニに必ず寄ってくださいね。

■お好み焼き オモニ 本店
[住所]大阪府大阪市生野区桃谷3-3-2
[TEL]06-6717-0094
[営業時間]11:30~23:00 日曜営業、定休日:月曜日
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。       
[予約可否]不可
[アクセス]JR大阪環状線鶴橋駅から東へ、玉津3交差点を右折し南へ。永和信金の角を左、1つ目の信号を南へすぐ。徒歩10分。付近には、徒歩分圏内に複数コインパーキングあり。鶴橋駅から628m。


一本、もう一本と「串カツ」にどんどん手が進む!

「串かつだるま 新世界総本店」味もコスパも最高!

出典元:https://www.kushikatu-daruma.com/kodawari_a.html より引用

「二度付け禁止」で有名な大阪名物串カツ。
新世界に行くと串カツ屋さんが競争のようにずらりと並んでいます。
その中でも「だるま」がオススメ。

何といってもコスパが最高。

中でも新世界セットは大ボリュームで人気の一つ
串揚げ15本とどて焼きのセットで2,250円(+税)
串揚げは元祖串カツ、鶏つくね、キス、紅しょうが、ホタテ、さつまいも、鶏のからあげ、漬けまぐろ、とんかつ、レンコン、もち、天然エビ、ウインナー、うずら、チーズの15本。

アメリカから観光に来ていた体格の良い男友達と一緒にだるまに行きました。
その彼でも総本店セットは満腹になったようで「I’m full!(お腹いっぱい!)」と言っていました。
セットに付いているどて焼きとは、甘い味噌だれに浸かった牛筋のことですが、ビールがグイグイ進むんですよね。

「セットじゃなくて好きなものを頼みたい!」と思いますよね。

もちろん一本ずつの注文もできます。

だるまでは、野菜、海鮮、お肉といった様々な種類が用意されています。
中でも黒毛和牛やイベリコ豚、華味鳥など上質な素材の串カツにも目が離せません

串カツを食わずして大阪に行ったとは言えません。
ぜひ足を運んでみてください。

■新世界総本店
[住所] 大阪市浪速区恵美須東 2-3-9
[TEL]06-6645-7056
[営業時間] 11:00~22:30(ラストオーダー30分前)、定休日 :なし
[予約可否]不可
[アクセス]
・市営地下鉄:堺筋線 「恵美須町」駅 3番出口 徒歩6分
・阪堺電軌:阪堺線 「恵美須町」電停 徒歩8分
・市営地下鉄:御堂筋線 「動物園前」駅 5番出口 徒歩6分 
・JR:大阪環状線 「新今宮」駅 東出口 徒歩8分
・阪堺電軌:阪堺線 「新今宮駅前」電停 徒歩8分
・南海電鉄:高野線 「新今宮」駅 出口から徒歩13分
 新今宮駅前駅から371m

濃厚スープの「ラーメン」で胃袋を満たして

「麺屋わっしょい」大阪の醤油ラーメンと言えばここ!

出典元:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270306/27063763/dtlphotolst/1/smp2/3/より引用

大阪のラーメン屋で間違いないのは「麺屋わっしょい」。
大阪旅行に来たなら必ず行ってほしいお店です。

店名が「わっしょい」なこともあって、店内の音楽はお祭りソングがかかっていて大阪の活気ある感じが味わえます。
そしてこに店のおすすめメニューは何といっても「男の根性黒醤油」

ふんだんの背油、たっぷりのニンニク、濃いしょうゆスープ、大量のキャベツ、やわらかい豚肉がもう最高。
満たされます。
もちろん大盛も無料でお腹いっぱい食べることができます。

「女性だったら入りにくいかな、コテコテで重たいかな?」

大丈夫です。
私も女性です。
しかも、男の根性黒醤油の「大盛」をいつも食べています。(笑)。

ちなみに「男のまぜ麺」も最高に美味しいです。

■麺屋わっしょい
[住所]大阪府大阪市生野区生野西2-1-33
[TEL]06-6715-6000
[営業時間]11:30~23:00(ランチタイム11:30~15:00)、定休日:無休
[予約可否]予約不可
[アクセス]JR大阪環状線「寺田町」駅(北口)より徒歩1分、寺田町駅から130m

「つけ麺雀 本店」どろっどろのスープが麺にしっかり絡みつく!

出典元:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27050555/ より引用

大阪のつけ麺も紹介します。
お店で私の一押しは「つけ麺雀」。

雀は背油たっぷりで、どろどろした濃厚な魚介スープが麺に絡みついてきます。もう絶品の一言に尽きます。

「つけ汁は臭みの無い豚骨に魚介、醤油ダレで、ベジポタ風の粘度の高いつけ汁で背脂でコクももたせ、良いバランスの魚介と醤油ダレが合わさり、ややピリカラなつけ汁で美味しいです。」

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27050555/dtlrvwlst/B112444746/?use_type=0&rvw_part=all&lc=0&smp=1食べログの口コミより引用

味は魚介豚骨つけ麺、辛つけ麺、塩つけ麺の三種類。
オススメは辛つけ麺。
辛さは1辛、2辛、3辛から選べて、麺の量も並、中、大から選択できます。

もちろん大盛無料です。
私は1.5辛という絶妙な辛さの大盛をいつも注文します。

前の日に食べ過ぎたからあっさり系がいいなという場合もあるかもしれません。

そんなあなたにオススメなのが塩つけ麺です。

あっさりなスープですがしっかりとコクがあり、以外にも太麺との絡み良し。
ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

■つけ麺雀 本店
[住所]大阪市中央区西心斎橋2-11-11
[TEL]06-6211-1174
[営業時間]11:30 ~ 16:30、18:00 ~ 22:00、定休日:無休
[アクセス]
・地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅(5番出口)より、徒歩2分
・地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅(7番出口)より、徒歩5分
 四ツ橋駅から346m

大阪で「お肉」も食べたい!そんなあなたにオススメ!

「1ポンドのステーキハンバーグタケル 福島店」こだわりの「スパイス」と「替え肉」!?

出典元:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27071222/ より引用

大阪のグルメエリアといえば福島。
大阪でステーキ、ハンバーグを食べるなら「タケル」に行くべきです。
大人気なので少し並ぶかもしれませんが、並んででも食べて欲しいです。

このお店のこだわりの一つはスパイスです。
何種類ものスパイス・調味料がテーブルの上にずらりあって使い放題です。
お肉に飽きが来ません。

「ステーキも食べたいけどハンバーグも食べたい」という気持ちになりますよね。

特にオススメはタマネギをたっぷり使用した自家製の「タケルソース」です。
タマネギの甘味とお肉が絶妙にマッチします。
そして忘れてはいけないのが、「ガーリックオイル」です。
自家製オイルに漬けこんだガーリックソースとお肉が合わないはずがありません。

欲張りな私はハンバーグとステーキのコンビメニューを選びます。

お腹に余裕があれば、「替え肉」がオススメです。

タケルステーキ、ハラミステーキ、サーロインステーキ、フィレステーキ、リブロースステーキ、ハンバーグ、超粗挽きハンバーグといった様々なお肉が100~150g単位でお替りできます。

大阪でガッツリお肉を食べたいならタケルに行けば間違いなしです。

■1ポンドのステーキハンバーグタケル 福島店
[住所]大阪府大阪市福島区福島5-6-11 福ビル 1F
[TEL]06-6457-2929
[営業時間]
ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー18:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:無休
[予約可否]不可
[アクセス]JR福島駅から徒歩20秒、福島駅から107m

「とんかつ たわら」サクッサクの衣にうなる!

出典元:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/27008980/ より引用

大阪に来たならとんかつも食べて頂きたい。
大阪上本町から徒歩12分の「とんかつ たわら」が最高です。

まずなんといってもとんかつのボリュームが凄いです。
そして衣がサクサクでたまりません。

大阪ではヒレカツのことを「ヘレカツ」と呼びます。
このヘレカツが絶品です。
ロースカツも食べ応えがあってオススメ。

「とんかつは美味しくても、わざわざ上本町まで行く程のお店なの?他に人気の秘訣はあるの?」と思いますよね。

秘訣があるんです。

たわらではお惣菜が10品程度用意されていて、初めの一回だけバイキングができます。

私は幼い頃に初めてたわらに行きましたが、バイキングにはしゃいで取りすぎてしまいました。
お腹が膨れてとんかつを食べるのが苦しかった経験があります。

お袋の味のお惣菜と脂っこいとんかつでお箸が休む暇はありません。
ぜひ一度訪れてみてください。

■とんかつ たわら
[住所]大阪府大阪市天王寺区細工谷1-6-15
[TEL]06-6771-3981
[営業時間]
11:00~14:00、17:00~18:30
定休日:日曜・祝日
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
[予約可否]不可
[アクセス]近鉄難波線大阪上本町駅より徒歩12分、桃谷駅から572m

大阪のおしゃれな「カフェ」でゆっくりしたひと時を

「NORTHSHORE CAFE&DINING」インスタ映えだけじゃない!?味でも納得

出典元:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27082317/より引用

せっかく大阪に来たならカフェにも立ち寄りたいですよね。
北浜にはおしゃれなお店がいっぱいです。
中でもぜひ行ってほしいお店は「NORTHSHORE」。

NORTHSHOREはインスタ映えするサンドウィッチとパンケーキが人気です。

特にパンケーキはたっぷりのフルーツが使用されていて見た目が豪華。
色鮮やかでいろんな角度から写真を撮ってワクワクします。

「見た目は良くても味はどうなの?」と思いますよね。

私も正直なところ味には期待していませんでした。
「インスタ映えするからいいかな」くらいの気持ちで訪れました。

しかし実際に食べてみるとパンケーキがふわっふわ。
生クリームもしつこくなくてちょうど良い甘さ。

フルーツの味が引き立たされていました。

そして立地も最高です。
窓側の席からは中之島のリバーサイドを眺めることができます。
特に5月は対岸のバラ園がとても綺麗です。

「土佐堀川の川辺でライオン橋とも言われる『難波橋』の近くに位置し、中之島が見えて眺望が良い店。雨や寒い時期でも対応可能な点は利点。」

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27110168/dtlrvwlst/B420981028/?use_type=0&smp=1#108905292食べログの口コミより引用

大阪でおしゃれなひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。
写真もたくさん増えて良い思い出になることをお約束します。

■NORTHSHORE CAFE&DINING
[住所]大阪府大阪市中央区北浜1-1-28 ビルマビル2F
[TEL]06-4707-6668
[営業時間]7:00 – 19:00 ランチ11:30 – 14:00

「カナリヤ 本店 (KANARIYA)」こんなおっきいパフェ見た事ない!

出典元:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270205/27002908/dtlphotolst/1/smp2/ より引用

焼肉とお好み焼きでディープなイメージが強い鶴橋。
そんな鶴橋に木のあたたかさが感じるこじんまりとしたカフェ「カナリヤ」があります。
いつも長蛇の列で人気のお店です。

カナリヤの人気は全長35cmの超ロングパフェ
注文するとデザートとは思えないような勢いの大きいパフェが登場します。
そしてコスパも最強です。

大人気のチョコレートパフェは680円。
チョコレートソースがたっぷり使用されていて、白いところは探さないと見えません。
上から生クリーム、バニラアイス、コーンフレークときます。
長めで底深のグラスの中までぎっしり詰まっています。

「鶴橋で美味しいもの食べた後に寄りたい。チョコレートパフェは重たそう」と思うかもしれませんね。

そんな時に食べて欲しいのが「フルーツパフェ(700円)」です。

アイスクリーム、コーンフレーク、ヨーグルト、フルーツで出来ていて、チョコレートパフェのような生クリーム攻撃がないので少し軽めです。
とはいえ、グラスからはみ出している部分は全てアイスクリームなので、アイスクリームタワーを乗り越えられるお腹の状態で行ってみてくださいね。

甘いもの好きなら行ってみる価値ありです。

■カナリヤ 本店 (KANARIYA)
[住所]大阪府大阪市天王寺区下味原町2-9
[TEL]06-6779-4582
[営業時間]11:00~19:20(L.O.)、日曜営業
※アイスクリームがなくなり次第閉店
定休日:不定休(GW・盆・年末年始は営業)
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
[アクセス]JR・近鉄線鶴橋から1分以内、鶴橋駅から93m

旅の思い出も持って帰ろう!「お土産」特集

「551蓬莱 本店」これぞ大阪の味

出典元:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27001312/より引用

「551があるとき~!」でおなじみ。
大阪に来たなら蓬莱へ寄るべし。
人気の秘訣は何といてもお店のこだわりにあります。

一日の平均販売個数は約17万個で、当日生産・当日販売しています。

https://www.551horai.co.jp/menu/butaman/公式ホームページより 引用

551は関西にしか店舗がありません。
大阪人で551の豚まんが嫌いな人に出会ったことがありません。

551の蓬莱が冷凍庫にあったらそれを電子レンジでチン「あ~ん」と大きい口でかぶりつくのが私にとって一番幸せなひと時です。

店舗で食べてお土産でも持って帰りたいですよね。

もちろんチルド商品も用意されています。

私は香川県に住む親戚にクール便で送っていつも大喜びされます。
店舗で食べるなら豚まんだけではなく、炒飯と海鮮麺も絶品です。
一度ご賞味あれ。

■551蓬莱 本店
[住所]大阪府大阪市中央区難波3-6-3
[TEL]06-6641-0551
[営業時間]
テイクアウト / 10:00~22:00
レストラン / 11:00~22:00 (LO 21:30)
定休日:第1・3火曜日
(※祝日・年末・行事などで変更になることがあります)
[アクセス]
大阪高島屋より戎橋筋を北へ約200m
地下鉄「なんば」駅11番出口より徒歩1分

「焼きたてチーズケーキ、りくろーおじさんの店 なんば本店」ふわっふわの溶けていく触感に感動!

出典元:http://www.rikuro.co.jp/shoplist/134.htmlより引用

大阪のケーキと言えば「りくろーおじさん」。

私はチーズが苦手で、これまでチーズケーキを避けて生きてきました。
しかし友人に「一回食べてみ」と言われ、疑いながら食べてみるとチーズがぜんぜんしつこくなくてペロリと食べられました。
私が唯一好きなチーズケーキのお店です。

シンプルなチーズケーキですがふわっふわで口の中に入れるとスーっと溶ける触感がたまりません。
そしてりくろーおじさんの人気の理由はいつでも焼きたてを購入できることです。

「そうは言っても決まった時間に行かないと焼きたてが無いんじゃないの?」と思いますよね。

りくろーおじさんは開店から閉店まで焼きたてを提供できるように常に焼き続けています。

焼きたてが出来ると「カランカラン」とベルの音で知らせてくれます。
ただ、この焼きたてはとても人気なのでいつも並んでいます。
すぐに食べずにお土産で持って帰る場合は、冷めているチーズケーキも用意されています。
冷めているチーズケーキは比較的に並んでいないことが多いです。
私は間違えてお土産を買うのに、焼きたての列に並んでしまってロスタイムになったことがあるので気を付けてくださいね。

チーズケーキの賞味期限
  • 常温の場合→その日の内に
  • 冷蔵の場合→3日以内に

なので、お土産の場合は帰宅前に購入するのがオススメです。

■焼きたてチーズケーキ りくろーおじさんの店 なんば本店
[住所]大阪市中央区難波3-2-28
[TEL]本部お客様係 0120-57-2132(9:00~17:00)
[営業時間11:00~19:00
※当面の間短縮営業。2F陸カフェROOMは休業致します。
(通常営業時間 <1Fなんば本店>9:30~21:30 <1Fリクカフェ STAND>9:30~20:00 <2F喫茶室陸カフェROOM>平日12:00~18:00(ラストオーダー17:30)、土日祝日11:30~19:00(ラストオーダー18:30))

「ポップコーンパパ」観光したら寄ってみて!

出典元:https://www.popcornpapa.jp/html/page4.htmlより引用

次にオススメしたいお店は「ポップコーンパパ」です。
「大阪に来て何でポップコーン?何で人気なの?」と思うかもしれません。

ポップコーンパパが人気の理由は味が32種類もあるからです。

おつまみ系と甘い系の味に分かれていて、定番はキャラメルポップコーンです。
ちなみに私のオススメは「うめかつお」と「焼きとうもろこし」です。
食べ出したら止まりません。

しかし「わざわざ観光の合間にポップコーンは買いに行かないな」と思うかもしれません。

確かに余程のポップコーン好きじゃないとポップコーン目当てで足を運ぶことは無いかもしれません。

しかしポップコーンパパは大阪に4店あります。
4店舗とも、メジャーな観光スポットの最寄り駅にあります。

・JRユニバーサルシティ駅からUSJに向かって歩いていると右側にあります。
海遊館がある天保山です。
大阪城から近い玉造にあります。堂本剛さんがテレビで取材していました。
ハルカスや天王寺動物園のある天王寺キューズモールの中にあります。

大阪セットというお土産もあります。
ポップコーンパパの人気フレーバー「キャラメル」と「うめかつお」、そして「たこやき」味の組み合わせで1,080円(税込み)です。
開封していなければ一カ月以上も保存可能です。
ぜひ大阪土産に立ち寄ってください。

■ポップコーンパパ UCW店
[住所] 大阪市此花区島屋6-2-61ユニバーサルシティーウォーク大阪TM内3F
[TEL]06-4804-3808
[営業時間]9時~22時、 定休日:無休
※1月上旬から2月末の平日は21:00閉店
[アクセス]JRゆめ咲線「ユニバーサルシティー」駅 徒歩1分

■ポップコーンパパ 天保山店
[住所]大阪市港区海岸通1-1-10天保山マーケットプレイス3F
[TEL]06-6576-5739
[営業時間]11時~20時、定休日:施設の休館日に准ずる
[アクセス]Osaka Metro 中央線「大阪港」駅1番出口より徒歩5分

■ポップコーンパパ 玉造店
[住所] 大阪市中央区上町1-3-10
[TEL] 06-6761-4417
[営業時間]
月曜日~土曜日:11時~19時、日曜日:11時~17時
定休日:祝日 
※年末年始休み
[アクセス]Osaka Metro 長堀鶴見緑地線「玉造」駅から徒歩7分

■ポップコーンパパ あべのキューズモール店
[住所]大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目6-1あべのキューズモールB1F
[TEL]06-6567-8824
[営業時間]10時~21時、定休日 施設の休みに准ずる
[アクセス]JR、Osaka Metro 御堂筋線・谷町線「天王寺」駅から徒歩5分

まとめ

大阪名物「たこ焼き」は絶対はずせない!

・「あべのたこやき やまちゃん 本店」出汁のきいた生地がやみつきに!

トッピングとボリュームが自慢の「お好み焼き」をご賞味あれ

・「オモニ」インパクトにびっくり!

一本、もう一本と「串カツ」にどんどん手が進む!

・「だるま 新世界総本店」味もコスパも最高!

濃厚スープの「ラーメン」で胃袋を満たして

・「麺屋わっしょい」大阪の醤油ラーメンと言えばここ!
・「つけ麺雀 本店」どろっどろのスープが麺にしっかり絡みつく!

大阪で「お肉」も食べたい!そんなあなたにオススメ!

・「1ポンドのステーキハンバーグタケル 福島店」こだわりの「スパイス」と「替え肉」!?
・「とんかつ たわら」サクッサクの衣にうなる!

大阪のおしゃれな「カフェ」でゆっくりしたひと時を

・「NORTHSHORE CAFE&DINING」インスタ映えだけじゃない!?味でも納得
・「カナリヤ 本店 (KANARIYA)」こんなおっきいパフェ見た事ない!

旅の思い出も持って帰ろう!「お土産」特集

・「551蓬莱 本店」これぞ大阪の味!
・「焼きたてチーズケーキ、りくろーおじさんの店 なんば本店」ふわっふわで溶けていく触感に感動!
・「ポップコーンパパ」観光したら寄ってみて!

大阪にはガイドブックには載っていない名店が数多くあるんです。
実際に自分の舌で確かめて本当に美味しいお店に出会えた時、深く感動しますよね。
自慢げに誰かに教えたくもなります。

あなたもこの記事から情報を得てぜひ立ち寄ってみてください。
最高の旅になることを願っています。