旅行がストレス!?こんなはずじゃなかったと後悔しないために

「旅行に行こうと思うけど、一緒に行く人とトラブルになったらどうしよう?」「友達に旅行に誘われたけど、すごく仲がよいわけじゃないから不安だなぁ」

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。
こんにちは、旅行が趣味のたかひろです。
旅行ってストレス解消にはもってこいですよね。

旅行はきれいな景色を見たり、その土地のおいしいものを食べたり・・・嫌な事をわすれさせてくれます。
また、みんなでいっしょに行くと楽しみも倍増しますよね。

でも、旅行中に一緒に行った人とケンカになって気まずい雰囲気を引きずっている。
なんて、こともよく聞きますよね。
それも併せて、旅行に行く前のストレスについて考えていきましょう。


ストレスの原因は二つ!「同行者とのトラブル」と「心配事」

せっかくの楽しい旅行なのにストレスのたまる原因って何でしょう。

日常生活していると仕事や、家事、育児、対人関係といろんなストレスにみんな、さらされていますね。

そんなストレスの解消法として人気の旅行。
いっしょに行った仲間とのトラブルや、心配事でストレスが、ふくらんでしまうという話をよく聞きます。

まずは、だれと一緒に行くか。
気心のしれた友達との旅行は、わいわいがやがや、いっそう友情もふかまることでしょう。

恋人や家族、ふだんの感謝のきもちをこめて一緒に旅行することでいっそう絆もふかまることでしょう。
でも、近い間柄だからこそ旅行中の言い争いに発展してしまうこともよくあります。

また、旅行に出かけている間の留守中の心配事。
例えば、飼っているペットの世話だったり、留守中の予定だったり、仕事のやり残しだったり。

もしかしたら、仲の良かったともだちと絶交なんてことになったら悲しくありませんか。
楽しい旅行になるように、いろいろな事を想定して予防しておきたいですね。

せっかくの旅行だから、たのしみたいですよね。
深く考えると旅行に行くまえからストレスになっちゃいます。
でも、そのままにしておくと取り返しのつかないことになってしまいかねません。

準備は万全に!「話し合い」「持ち物」「留守中の心配事」

楽しい旅行がストレスにならないようにしっかりと準備しておきましょう。
一緒に行く人と約束ごとを、話し合っておくとよいでしょう。
前もって想定している心配な場面を、話あっておくのです。

具体的には、旅先の計画はもちろん、お金の管理についても決めておくとよいでしょう。
旅行に持っていく持ち物は、なるべくコンパクトにまとめおいた方がよいでしょう。

あれもこれもと、荷物が多くなってしまいがちです。
留守中の予定もしっかり確認しておきましょう。
やり残した仕事はないか?忘れている支払いはないか。
ペットを飼っているのならペットの世話は誰が見るか。

面倒かもしれませんが、備えあれば憂いなしです。
旅先では普段の生活と違い、ウキウキ気分で、気持ちがおおきくなります。
一緒に行く人との取り決めは、あとで聞いてなかった、なんてことのないように 事前にしっかり準備することをおすすめします。


出発当日これだけは注意したい!

いよいよ出発の日。
しっかり準備も出来たし、リラックスして出発しましょう。
たかが旅行、でも、最初が肝心です。
最初につまずいてしまうと、これからせっかくの旅行が台無しですね。

子どものころ、遠足の前の日にテンション上がりすぎて遅刻してしまったことがあります。
嬉しすぎてなかなか寝付けなかったんです。

その時は恥ずかしくって、恥ずかしくってそのあとの遠足も全然楽しくなかったですね。
当たり前のことかもしれませんが、前の日は早めに寝て早起きを心がけましょう。

忘れ物のチェックもしっかりとしておきましょう。
早く起きても、忘れ物を取りに帰って、迷惑をかけたのでは何にもなりませんから。

旅行に限ったことではありませんが、スマホの触りすぎには注意が必要かもしれません。
みんなの空気を悪くしてしまいがちです。
ストレスを無くすには、相手にもストレスをかけてはいけません。

イラっとした時。まずは冷静に!

旅先では普段と生活環境もかわり気持ちも大きくなってしまいがちです。
それは、一緒に行く仲間にも言えることです。
「えっ?こんなやつだったの」と感じることもあるかもしれません。

旅先で一緒にいると本性がみえるのです。
いくら、事前に話し合ったり準備していたとしても元々の性格ですから。
直せない部分もあります。
そして、普段きづかなかった一面に気付くのです。
それを引きずってしまうと楽しい旅行が最悪のものになってしまいます。

時間にルーズ
    事前に予定を立てていたにもかかわらず、時間を守らない人ってよくいます。集合時間にぎりぎりに来たり、食事の時間に遅れたり。 基本的に自己中心的な性格なので謝っても罪悪感はありません。
すぐに不機嫌
    ちょっとしたことで、すぐに不機嫌になる 人もいます。急に口をきかなくなったり、ふてくされた態度をとったり、そんな事をされると、せっかくの楽しい旅行も台無しです。 理由があって不機嫌になっているのなら対処のしようもあるのですが、そういう人って気分屋ですから少し経てばケロっといつも通りに戻っています。
他人任せ
    基本的にすべてのことを他人に丸投げします。 人に嫌な事を押し付けてしまうタイプです。自分が楽しめればそれでいいというような自分勝手な人が多いです。 自分勝手ですから良かれと思って他人がしてくれた事に対して感謝はせずに文句は言います。 それじゃ一緒にいても楽しめないですよね。 このように普段の生活では感じなかった一面が見えてしまうこともあるのです。

私も、なかなか直接言い出せず我慢してしまうタイプですが、我慢にも限界がありますよね。
アンガーマネジメントってよく聞きます。
6秒たてば人の怒りって治まるそうですね。

あまり、引きずって考えすぎないことです。
そして、気分転換してリラックスしましょう。
一人になる時間を作っても良いですし、太陽の光に当たるのも良いでしょう。
バスタブにつかってゆっくりするのもよいかもしれません。

そのままストレスを貯めずに、自分なりのストレス発散をするか、話のわかる相手なら直接話し合いましょう。
その時は一方的に文句を言うのではなく、これからの関係性にも十分配慮が必要です。

まとめ

ストレスの原因は二つ!「同行者とのトラブル」と「心配事」

ストレス解消法として人気の旅行ですが、旅行に行くとストレスが溜まってしまう人も良くいます。
その原因の多くは同行者とのトラブルと、旅行中の心配事です。
事前にストレスになる原因を考えて、 予防しておきましょう。

準備は万全に!「話し合い」「持ち物」「留守中の心配事」

同行者と旅行中にトラブルにならないように、話し合いをしておきましょう。
具体的には「旅行の計画」「お金の管理」などです。

旅先でスムーズに移動できるように、荷物はなるべくコンパクトにまとめておきましょう。
また、「仕事のやり残し」「支払いの管理」「ペットの世話」など、留守中の心配事もあらかじめかたづけておきましょう。

出発当日これだけは注意したい!

前日は早めに寝て、当日は早めに起きるようにしましょう。
出発時には準備した荷物の忘れ物がないか再確認しましょう。
また、同行者がいる場合にはスマホの触りすぎには注意が必要です。
皆の空気が悪くなります。

イラっとした時。まず冷静に!

旅先では普段の生活環境と違って、気持ちが大きくなりす。
仲の良い友達でも、普段と違う一面が見えてしまう時があります。
イラっとするときでもすぐにケンカ腰になるのではなく、一呼吸してリラックスしましょう。
話の分かる相手なら、後々の関係性のことまで配慮して話し合いましょう。

あなたのストレス解消法は、と聞かれたときに、旅行がストレスの解消法と答える人がたくさんいます。
それだけ旅行が素晴らしいということを、みんな知っているのです。
素晴らしい思い出が残るのも旅行の魅力ですが、人と人との絆が深まるのもまた旅行の魅力です。