旅行におすすめメンズスニーカー。歩き回っても疲れないスニーカーとは?

『次の旅行はいろいろ観光地をめぐりたい』『インスタ映えのためにお洒落も妥協はしたくない』など旅行について考えるとき、忘れてはいけないことの一つが足元の準備です。

こんにちは、今月も新しいNBが欲しいので嫁になんて言い訳するか考えに考え、もう先に買ってしまった宮けんです。
ふ、震えが止まりません。

旅行に行くなら絶対と言ってしまっていいほど靴はスニーカーで決まりです。

観光地などは凸凹道、坂道、階段、天候など普段とは違う条件が重なり本当に足が棒になってしまいます。

せっかく行った旅行先で「疲れた」という理由でスケジュールを変更し、行きたかった観光地や食事が出来ないなんて本当にもったいないですよね。

どのくらい前からどんな靴を用意しておけばいいのか、何足ぐらい持って行くべきか、便利な入れ物など、この記事を読めば旅行先で困る事はありません。

まずは定番の疲れないスニーカーを紹介します。


歩きやすいスニーカー3選。普段から履いて強い味方に !

[ニューバランス] M1400 スニーカー メンズ M1400-4

歩き出すと、しっかり伸縮してくれます。

フィット感を損なう事無く、クッション性もそのまま足への負担がありません。

まるでマッサージの手を使って足をケアされているような感じです。

まず履いた瞬間、全方向から柔らかいクッションでぎゅっと包まれます。

これがまた硬すぎず、柔らか過ぎず、クッション性が高いのになかなかの軽量です。

生産終了されている靴なので現行今ある在庫だけです。
自分の好きなカラーやサイズを見つけたら迷わず購入してしまいましょう。

[ナイキ] エアフォース1 ’07 ロー 315122

言わずと知れたスニーカーの王道です。
初めて出会った時のことはハッキリと覚えています。
私の地元に商店街から一本奥に入った一角にセレクトショップが、数件立ち並ぶお洒落なスポットがありました。

そこをプラプラ歩いていたら、たしか三件目のお店の扉入って目の前、ほんと中央に一足だけ置かれていました。

その時に手にしたカラーは白×黒だったんですけど、もう一目惚れって本当にあるんですね。
まだ高校生だった自分は絶対戻ってくるからとお願いして、帰って母親に頼み込み買いに行ったのを覚えています。

購入してからは意味もないのに出歩いて、初めて靴を洗ったのもこの靴です。

スニーカーを集め始めるきっかけになり、アルバイトをして初めて買ったのがこの白×白でした。
履きやすいし、歩きやすい。

とても軽いとは言えないスニーカーなのですが、しっかりと大地を踏みしめている感覚をいい意味でダイレクトに伝えてくれます。

見た目もどんなコーディネートにも合うデザイン性で、大満足できます。

エアを内蔵したクッション性の高い分厚いソール。

誰でも一度は触れてみたことがあるのではないでしょうか。

自分も一番愛用していたスニーカーです。

履きやすさ、デザイン、コストパフォーマンスが本当によく、一番有名なスニーカーです。
1982年に誕生し「公然たる秘密兵器」のキャッチコピーでデビューを飾りバスケットボールシューズで初めてナイキエアが搭載されたスニーカーです

[アディダス]ウルトラブースト メンズ UltraBOOST

爆発的やわらかさかつてないクッション性と反発力、スムーズな重心移動を実現しています。

履いた瞬間から歩き出したくなる不思議なスニーカーです。

疲れにくく、どのような足の形状・動きにもフィットするので、ランニングシューズとして愛用されている方も多いシューズです。

しかし私はあまりにも軽やかでランニングで履きつぶすのがもったいなくて、街履き専用で使っています。
アディダスが最新の解析システムを基に新開発したストレッチウェブアウトソールです。

旅行に強い、雨に濡れても大丈夫、ゴアテックス素材の頼れるスニーカー。

[ニューバランス] ウォーキングシューズ MW880G GOA-TEX ゴアテックス 防水 (現行モデル) メンズ

雨の日のウォーキングや旅行などで足元が濡れると観光どころではありません。ぐちょぐちょになった靴下、想像しただけで気持ちが萎えます。

しかし、ゴアテックス素材のスニーカーを履けば常に快適でストレスのない雨の日観光が出来てしまいます。

「歩きやすさ」「防水性」も両立できる最高の相棒を見つけて旅行へ出かけましょう。

ウォーキングや旅行などで長時間歩く事を考えたとき「歩きやすい靴」を念頭に置きすぎて、防水性を忘れがちになっていませんでしたか?

そんな方におすすめが長時間の雨も全く気にならないこのゴアテックスを使ったニューバランスMW880Gです。

クッション性・安定性の高いTRUFUSEミッドソールやフィット感のあるストレッチタン構造により「歩きやすさ」もしっかり兼ねそろえています。

サイズ感はいつも履いているサイズの0.5㎝~1㎝大き目を目安にしましょう。

[ニューバランス] ウォーキングシューズ MW1450W (現行モデル) メンズ

ゴツゴツした岩場を歩いていても、地面からの突き上げを感じないほどの高いクッション性と、縫い目にまで防水加工を施し深めの水たまりにハマっても水の侵入をシャットアウトします。

ハイキングや登山までこなせるニューバランスのトレッキングシューズ、絶対に濡れたくないならこの一足です。

濡れるストレスから解放され、逆に雨が楽しみになってしまいます。

アウトドア専門ブランドの登山靴と違って、街で履くこともできるスタイリッシュなデザインです。

普通にシンプルでカッコいいですよね。

私は釣りに行く時なんかにも愛用しています。

アウトドアも、街履き用もニューバランスMW1450が1足あれば雨なんて気になりません。

[ナイキ] エアフォース 1 ロー ゴアテックス ck2630-001 AIR FORCE 1 GORE-TEX black/black-light carbon AF1

エアフォース 1がいいけど、雨に濡らしたくないという方に夢のスニーカーがあります。

定番のデザインはそのままなのにナイキのエアフォース1から防水、防風能搭載ゴアテックス素材のスニーカーです。

一番びっくりしたのがその価格です。

一般のエアフォース1とほとんど値段が一緒です。

正直私は旅行では一番重宝しています。

旅行もそうですが、とりあえず一家に一足買っておいていいスニーカーです。


旅行先でのお洒落なレストランやドレスコードがある場所でのメンズスニーカー。

[ラコステ] メンズ CARNABY EVO BL 1 733SPM1002001

カッコかわいいブランドロゴがコントラストを効かせており、おしゃれなのも魅力。

側面と後ろにロゴが入っています。

作りはシンプルなので、幅広いファッションスタイルと楽しめるのがポイントです。

現地でお洒落なお店を見つけた時でもすぐに対応できる、大人のブランドのセンスありありな一足です。

アッパー(スニーカーのソール以外の部分)はレザーを使用していて、ベーシックなデザインの黒スニーカー。

控え目な光沢が大人の雰囲気を演出しています。

履き口にはメッシュを採用しているため、蒸れにくく履き心地に優れています。

[アディダス] adidas STAN SMITH スタンスミス M20324 M20325 M20327 ブラック/ブラック

1足持っていればカジュアル・ジャケットスタイルのどれでも合わせられる万能なスニーカー。

履き回しがきくのでおすすめです。

アディダスを象徴するスリーストライプスを小さな穴で表しており、上品なデザインに仕上がっています。

ブラックで統一することで、レザーの上質な質感もより浮き彫りになるためカジュアルなデザイン性が特徴のスタンスミスが、フォーマルな印象を強めてくれます。

アディダス代表、そしてスニーカー界も代表する名作「スタンスミス」のオールブラックカラー。

[ナイキ] エア マックス 95 エッセンシャル [AIR MAX 95 ESSENTIAL ]

質感の違う素材の組み合わせによって生まれたブラックのグラデーションが、大人のお洒落な雰囲気を演出します。

一番の特徴である外側からむき出しになったインソール「エア」は、見た目のかっこよさと履き心地のよさを両立。

ナイキの最高傑作といえる1足です。

発売当初は日本でも社会現象を巻き起こしたほどで、丁度中学3年生だった私の学校でも盗難や強奪される恐れがあるので、履いて来ないよう指示されていました。

現在でもエアマックスシリーズのなかで特に人気の高いスニーカーです。

ナイキの名作シリーズとして絶対的な人気を誇るハイテクスニーカーの先駆けエアマックス95。
派手なカラーが多いモデルのカラーリングを、あえてオールブラックにすることで、エアマックスの派手感のある見た目が一気にシックな印象に仕上がっています。

紹介した三つのモデルには各種ホワイトカラーもあり、そちらもジャケットスタイルにとてもよく合うのですが今回は旅行に行くことを前提にしているので汚れも目立たない黒にまとめました。

旅行に向いていない靴は「底が平たいタイプ」や重たい「ブーツ」

旅行に向いていない靴も紹介しておきます。

これを知っておけば失敗する可能性をさらに失くせます。

どんなに普段から履き慣れていても、この手の底が平たいタイプは絶対にやめたほうが良いです。

かなりお洒落でスニーカー好きを公言されている方なら絶対に一足は持っているタイプのスニーカーですが、旅行となると話は別です。

デザイン性に特化しているので本当に疲れます。
靴ずれやマメが必ず出来ます

いくら履き慣れていると言っても、 石畳やレンガ作りの道や岩場などで底が厚く弾力がある靴と比べると、足の疲れ具合がかなり違います。

ブーツを選んでいけない一番の理由は重さもありますが、「長時間履いて歩く」というような作り方をされていないと思います。

一時期デニムをブーツインして履くことが流行していた時、私も履いていましたが、帰宅時間が不明な外出時には履きませんでした。

翌日にまで足の疲れが残り支障がありました。
普段からブーツを履き慣れている人でも、スニーカーを海外に行った時は履いた方がいいです。

どうしてもブーツがいい場合はナイキのタンジュンなどから出でいるモデルもあります

[ナイキ] ウィメンズ タンジュン HIGH RISE(AO0355) (csv-ao0355004-004

持ち運びに便利なスニーカー収納ボックス

[ピ・トラベル] シューズケース

なんと全部で4足の靴を持ち運ぶことが出来てこの大きさ

一足は履いたまま旅行に出掛るので、スニーカー、サンダル、スリッポンなど3足は収納できるすぐれもの。

夏のビーチサンダル、宿泊先のホテル内での移動にスリッポンなど靴にこだわりのある人なら、重宝するアイテムです。

持ち歩く際は、スーツケースに取り付けて持っていく事もできるので靴の型崩れの心配ありません。

また、持って行く靴が一足や二足でいい場合には空いたケースのスペースに他のモノを詰めることができるのでとても便利なアイテムです。
ナイロン素材で軽量、耐水性、通気性に優れており快適にお使いいただけます。

まとめ

旅行におすすめメンズスニーカー。
歩き回っても疲れないスニーカーとは?

歩きやすいスニーカー3選。普段から履いて強い味方に。

スニーカー界を代表するメーカーの代表作であり、抜群の歩きやすさ。

一足でも持っているなら、それを履いていくと楽しい旅行になること間違いなしです。

旅行に強い、雨に濡れても大丈夫、ゴアテックス素材の頼れるスニーカー。

履きやすさを重視しすぎて、忘れがちになってしまう雨の日対策。

このスニーカーを買ってしまえば雨の日が楽しみになってしまいます。

旅行先でのお洒落なレストランやドレスコードがある場所でのメンズスニーカー。

現地で見つけたお洒落スポットにもマッチします。

旅行先でのフォーマルが求められる場面でのスニーカに最適。

旅行に向いていない靴は「底が平たいタイプ」や重たい「ブーツ

デザイン性は抜群。
しかし旅行となると話は別です。
「長時間履いて歩く」というような作り方をされていない。

持運びに便利なスニーカー収納ボックス

なんと全部で4足の靴を持ち運ぶことが出来てこの大きさ。

また、持って行く靴が一足や二足でいい場合には空いたケースのスペースに他のモノを詰めることができるのでとても便利なアイテムです。

旅行を楽しく過ごすために、観光地を歩き回るのに必要な歩きやすく疲れにくい靴を厳選して紹介しました。

しかし、ここでは紹介しきれない魅力的な名作スニーカーはまだまだ沢山あります。

行く場所や距離、気温や気候によって最適な靴を探してみてください。

ディナーでも気軽に出かけられるフォーマルシューズ、旅行にどんな靴を持っていくかを決めたら、収納ツールを利用しておしゃれな旅行を楽しんできてください。