旅行の計画中にケンカしたら?友達と仲直りする方法3つ

うっぴー。うっぴー。

友達と一緒に旅行の計画をするのは楽しいけど、計画中にもめてしまった。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そのお悩み解決します。こんにちは、旅行が大好きな「ぬーみん」です。友人との旅行は、海外で6回、国内で20回以上は行っています。経験をかさねて、計画する際の調整力もつきました。今回は、「友人と旅行計画でもめたときの解決法」と「もめないための対策」をご紹介します。

うっぴー。うっぴー。

協力的でない友達にイライラしてしまったり、熱心に計画してくれる友達にぽろっとこぼした一言で怒らせてしまいました。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうですか。友達ともめたままだと、旅行も楽しめませんよね。記事を読むことで、旅行計画と友達関係を改善するきっかけが見つかりますよ。

解決法として3つのケース

・自分が張り切って計画した場合
・友達が張り切って計画した場合
・計画うんぬんではなくケンカになった場合

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

最後に、事前の予防策をご紹介しますね。


計画への文句にイラッ!平等に分担しよう

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

計画を1人で背負い込みすぎず、分担しましょう。分担すれば自分も楽になり立場が平等になりますよ。

うっぴー。うっぴー。

イライラしちゃうのは自分でやろうとするからなんですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

私の卒業旅行は、ヨーロッパへの個人旅行だったので、決めることや調べることがたくさんありました。友人の提案でそれを分担し、結果的に上手く進めることができました。

うっぴー。うっぴー。

分担するのも難しくないですか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

具体的にはまず、航空券や電車、コンサートなどのチケットを取る作業、宿泊先を予約する作業、観光スポットへの行き方を調べる作業、レストランを調べる作業などを洗い出しました。そのうえで、それぞれの作業を分担し、各自で担当の予約や調べものをしました。

うっぴー。うっぴー。

なるほど最初にやることを調べるんですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

進捗状況や困ったことを都度相談できるように、定期的にオンラインミーティングも行いました。他の用事も忙しくなかなか会うことができなかったからです。当時は複数人で話すのにSkypeがメジャーだったので、活用していました。その場で予約や調べものをすることもありました。

うっぴー。うっぴー。

お互いの進捗や悩むときに相談もできますね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

中でも、ドイツのノイシュバンシュタイン城へ行くルートを調べるのが大変でした。ガイドブックの内容では足りず、個人のブログや英語でサイトを検索したりしました。山の上にあるのでバスに乗る必要があり、その乗り方や時間も調べる必要がありました。今は現地に住んでいる日本人のブログなども多く、もう少し調べやすいようです。

うっぴー。うっぴー。

そうなんですね。作業を分担するのは、仕事っぽくなるので嫌っていう人が出てきませんか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうですね。でも仕事みたいに割り振ってしまうと、やらざるをえなくなります。 私もやってみて、もし担当がなければこんなに真剣に調べただろうか、ということがいくつかありました。結果的に、調べたことは無駄にはならず、旅行本番でおおいに役立ちました。責任が生まれるので、旅行に対してより主体的になれますよ。

うっぴー。うっぴー。

割り振るからこそ責任をもって調べようとするんですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

注意点は、平等にすることと、失敗を責めないことです。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

たとえば、計画に協力的でなかった人がいた場合、その人に丸投げしてしまうのはよくありません。計画が全く進まなくなる可能性もあり、関係が悪化するのは目に見えています。平等に分担すれば、担当分には責任があるので、それぞれが取り組みやすくなります。誰か1人に負担がかたよらないようにしましょうね。

うっぴー。うっぴー。

平等に分担ですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

また、担当を決めると責任が生まれますが、失敗があっても責めるのではなく、みんなで解決する姿勢で取り組みしましょう。たとえば、担当した予約が取れていなかったとか、どうしても他のことで忙しく、担当分が調べきれない場合もあります。そこで相手を責めると、完全に仕事になってしまいます。一緒に他の手段を検討したり、話し合いの中でみんなで決めるなど、旅行を楽しみにできるようにするといいです。

うっぴー。うっぴー。

分担をしていてもお互いに協力して計画を進めることも大切ですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

その通りです。計画する人としない人がいると、どうしてもバランスが悪くなります。作業を分担して立場を平等にしましょうね。

計画への文句にイラッ!平等に分担しよう まとめ
  • 1人で計画を背負わずに全員に平等に分担することで、割り振られたことを責任もってやろうとします。
  • 担当を決めたことで責任が出てきますが、失敗しても相手を責めずにみんなで解決していきましょう。

友達を怒らせてしまった!計画への意見は代案をそえよう

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

友達がはりきって計画してくれた場合、意見を言うときは代案を伝えましょう。計画してくれた友人には感謝の気持ちを伝え、自分も旅行に対して積極的に動く姿勢を見せることが大切です。誰かに負担がかたよると、ちょっとしたことで関係性のバランスがくずれてしまいます。

うっぴー。うっぴー。

意見を言うときは、文句ととらえられないよう代案を出すことが大切ですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうです。すでに友達に負担がかかっているので、計画に対して「疲れてしまうのでは?詰め込みすぎでは?」といった心配を口にするだけでは文句と取られても仕方ありません。計画についていけそうにない場合、一部を別行動にするのは悪いことではありません。行動の時間と一緒に過ごす時間をきちんと分けて、自分も相手も無理なく楽しめるよう考えたうえで提案しましょう。

うっぴー。うっぴー。

そうですね。相手もがんばって計画を作ってくれているからお互いに楽しめるように提案するのは必要ですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

私も卒業旅行では2回ほど別行動を取り入れました。3人中2人が違う場所へ行きたい希望があったためです。ケンカにはならずおだやかな話し合いでしたが、別行動を取り入れたことで、あっさりと解決しました。みんな楽しく過ごせて、一緒に過ごす時間がより充実しました。

うっぴー。うっぴー。

3人なら別行動してもよさそうですが、2人の旅行で別行動をするなら2人で行く意味がなくなりませんか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

もちろん一人旅にしてしまうのもありです。 ただ、移動時間や朝ご飯の時間、夜に宿泊先で順番にお風呂に入る時間など、観光以外の時間で友達と一緒にいることはやっぱり楽しいです。トラブルやアクシデントが起きたとき、友達と一緒に解決していけるので心強いですし、特に海外の場合、なおさら強く感じることでしょう。

うっぴー。うっぴー。

たしかにご飯の時やお風呂とかの時間は友達と一緒にいるとたのしいです。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

旅行の目的が観光や行き先だけなら、友達と一緒に行く必要はありません。でも、友達と一緒に行くことに意味があると思えるなら、別行動などで調整して一緒に行くときっと楽しいですよ。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

意見を伝えるときは、代案を考えて提案しましょう。一部を別行動にしても、友達と一緒に行くのはやっぱり楽しいですよ。

友達を怒らせてしまった!計画への意見は代案をそえよう まとめ
  • 友達ががんばって考えた計画に意見を言うときは、計画してくれたことに感謝をして代案を伝えると文句としてとらえにくいです。
  • 計画のなかで行けそうにないときは、別行動をしてあとから合流することも考えみましょう。

ケンカになったらストップ!一旦冷静になろう

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

本格的なケンカになってしまったら、旅行以前の問題です。一旦クールダウンしましょう。あらためて、お互いに相手の気持ちを尊重し合うことが大事です。

うっぴー。うっぴー。

ヒートアップした状態では旅行に行くかどうかを話し合うことすらむずかしくなりますね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうです。すぐに話をやめ、その場を解散するなど距離をとり、頭を冷やす時間が必要です。ケンカはどちらか一方が悪いというより、両方悪いところがあるものです。お互いの気持ちによりそえないことが原因となっている場合が多いです。冷静になってから、まず自分から少しでもあゆみよる姿勢を見せましょう。相手もあゆみよってくれる可能性があります。

うっぴー。うっぴー。

冷静になると自分の悪かったところも見えてきますよね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうです。たとえば、前から気になっていた相手の悪い部分が、旅行計画中にまた見えてきてケンカになってしまうパターンもあります。また、複数人のうち何人かがケンカをし、板ばさみ状態になってしまうこともあります。旅行だけではありませんが、そういった場面では、一旦クールダウンする必要があります。

うっぴー。うっぴー。

冷静になることを心がけます。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

間違っても相手の価値観を否定しないことです。ケンカの当人でも、板ばさみになった場合でも、旅行の話に関係ないことは持ち出さないようにしましょう。相手を否定するような言葉が出るケンカに発展してしまうと、旅行の話が解決したとしても、しこりが残ってしまいます。

うっぴー。うっぴー。

ヒートアップすると言わなくてもいいことまで言ってしまいがちですよね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

もし、行き先でもめているなら、別行動を組み込むのもありですし、一部を相手に合わせ、その代わり別の部分は自分に合わせてもらうなど、バランスをとるようにしましょう。

うっぴー。うっぴー。

お互いに譲り合って計画を立てるようにします。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

旅行に行っても楽しめそうになければ、思いきって旅行に行くのをやめてもいいでしょう。計画中に相手の気になる部分が見つかると、旅行先でも気になる可能性が高いです。ケンカになってしまった友達と仲直りしたいなら、旅行の話し合いとは分けて、別途ゆっくり時間をとって話しましょう。

うっぴー。うっぴー。

旅行と関係なく話をして仲直りしたほうが計画の話をするときにケンカにならないですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

また、複数人で計画していた場合は、ケンカをしている本人たちだけでなく、他のメンバーの気持ちも考えましょう。たとえば、自分は行くのをやめたとしても、他のメンバーで行ってもらうこともできます。突然話し合いから逃げるのではなく、他のメンバーにきちんと説明するなどていねいな対応を心がけましょう。

うっぴー。うっぴー。

それは大事ですね。今後も仲良くしていくなら必要な対応ですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

ケンカになった場合は一度冷静になり、時間を置いたうえでお互いに相手にあゆみよることが大切ですよ。

ケンカになったらストップ!一旦冷静になろう まとめ
  • 本格的なケンカになってしまったら、クールダウンしてあらためて、お互いに相手の気持ちを尊重し合うことが大事です。
  • ケンカになったときに相手の価値観を否定してはダメです。相手を否定してしまうと旅行が終わってもしこりができてしまいます。

ケンカをふせぐ予防策!タネをへらそう

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

事前にできる対策としては、ケンカのタネをへらしましょう。意見がぶつかるもとをへらすか、いろんな意見を許容できる計画にすることが大事です。

ケンカ予防策

  • 一緒に行く人は価値観が近い人にする
  • パッケージツアーにする
  • はやめに計画する
  • はじめから担当をわける

一緒に行く人は価値観が近い人にする

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

行きたい場所や観光も大事ですが、それ以上に一緒に行く人が大事です。1番いいのは、24時間一緒にいられる友達がおすすめです。

うっぴー。うっぴー。

一緒にいて気楽な人と行くのは大事ですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

もしくは、価値観が近い友達と行くようにしましょう。詳しくは、「卒業旅行で大学生は海外に行かないとダメ?納得して過ごす4つの方法」を参考にしてください。

パッケージツアーにする

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

話し合うべきことがあまりないので、ケンカになりにくいです。ただし、目的の観光スポットやこだわりポイントがある場合は、残らずおさえたパッケージがあるか確認しましょう。

うっぴー。うっぴー。

パッケージツアーを探すくらいなら楽しくできそうですね。

はやめに計画する

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

時間がない状態であせって計画すると、結局誰かがまとめてやってしまおうということになります。ただでさえ計画の負担がかたよっているので、あとから意見が言えなかったといった不満が出たときにもめやすいです。余裕があれば少しずつ決めていけるので防げますよ。

うっぴー。うっぴー。

はやめに行動すると余裕ができて色んなことを話し合えますね。

はじめから担当をわける

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

誰かがはりきって計画する前に、平等に担当分けするのがおすすめです。負担がかたよらないうえに、みんなが意見を出しやすく、もめにくいですよ。

うっぴー。うっぴー。

分けすると責任もってやろうと思うから計画も進みやすいですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

計画の中心になっている人が別にいる場合もあります。もめそうだと思うなら、中心になっている人に相談をしてみましょう。

うっぴー。うっぴー。

中心の人に相談すると解決してくれる場合もありますね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

自分が主体的に動くと、計画を押し付けられるのでは、という不安もあります。でも、パッケージツアーにするとか担当をわけるなどは、提案しても誰かに負担がいくことではありません。なによりもめてしまうよりはずっと楽です。ケンカのタネは、事前になるべくへらして、スムーズに計画しましょう。

ケンカをふせぐ予防策!タネをへらそう まとめ
  • 一緒に行く人は価値観が似ている人か近い人を選ぶと意見のぶつかりがなくなります。
  • 計画でケンカになるならパッケージツアーにするとケンカの種がなくなります。
  • 最初から平等に分担し早めに計画を進めると、余裕を持って進められるし意見もいいやすくなります。

まとめ

計画への文句にイラッ!平等に分担しよう

作業を分担する方法を紹介しました。
負担がかたよらないよう平等にするのがポイントです。

友達を怒らせてしまった!計画への意見は代案をそえよう

計画についていけそうにない場合、文句ではなく代案を出す方法を紹介しました。
観光や目的以外の一緒に過ごす時間も楽しいので、うまく調整して一緒に行く方法を探しましょう。

ケンカになったらストップ!一旦冷静になろう

ケンカになったときの対処法を紹介しました。
旅行を継続するなら、少しでもお互いにあゆみよる姿勢を見せましょう。

ケンカをふせぐ予防策!タネをへらそう

予防策を紹介しました。

  • 一緒に行く人は価値観の近い人にする
  • パッケージツアーにする
  • 早めに計画する
  • はじめから担当をわける
うっぴー。うっぴー。

今回のことを参考に友達と旅行の計画を進めようと思います。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

がんばってくださいね。私も記事を書いていて、友人と旅行を計画した楽しい思い出がよみがえり、また旅行に行きたくなりました。

うっぴー。うっぴー。

友人と旅行を計画していろんな場所に行くのは、どこかへ冒険に行くみたいでワクワクします。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうですね。楽しく計画できれば、さらに仲良くなれますよ。ぜひ楽しい旅行にしてくださいね。