旅行の醍醐味!「食べ歩き」を思いっきり楽しむには・・・?
うっぴー。うっぴー。

食べ歩きは大好きだけどマナーが心配

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そのお悩み解決します。こんにちは、食べることが大好き「時計草」です。この記事では、「食べ歩きで失敗しないポイント」をご紹介します。旅行のスタイルは人それぞれ。一人旅、家族旅行、国内旅行、海外旅行などいろいろありますね。楽しみ方はさまざまですが、外せないのは「おいしい食事」ですよね。

うっぴー。うっぴー。

たしかに食べたいものがたくさんあります。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

日本人はほかの国の人よりも、旅行における食事の重要性がかなり高いのです。 「楽しく食事をしていたのに、じつはマナーがよくなかった」なんて失敗をしなくてすむように、この記事を読んで失敗しない食べ歩きの仕方を身につけましょう。 それでは、食べ歩きで気を付けるポイントをご紹介します。


風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

本当の「食べ歩き」の意味は「あちこち食べて回ること」。つまり、いろいろなお店で食事をすることをいいます。近年では「歩きながら食べること」と解釈されるようになってきましたが、本来の意味ではありません。食べながら歩くことは、言うならば「歩き食い」です。

うっぴー。うっぴー。

それは知りませんでした。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

実際には、歩きながら食べることができるところもありますし、旅番組によっては「歩き食い」を「食べ歩き」として紹介しているところもあります。食べながら散策したいという人も多いですよね。

うっぴー。うっぴー。

私も食べながら散策したいと考えていました。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

ですが、すべての場所で「歩き食い」してもよいかというとそうではありません。気持ちよく散策していたのに、注意をされたら気分が台無しになってしまいます。

うっぴー。うっぴー。

たしかに注意されたらテンションは下がってしまいますね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

本当の「食べ歩き」とは「歩きながら食べること」ではありません。旅行の前に、正しい「食べ歩き」を知っておくと安心して、おいしいものが食べられますね。

本当の食べ歩きとは「〇〇すること」!  まとめ
  • 本当の「食べ歩き」の意味はいろいろなお店で食事をすることをいい「歩きながら食べること」は本来の意味ではなく食べながら歩くことは、言うならば「歩き食い」です。

食べ歩きにあると便利な持ち物は、お茶とウェットティッシュ

お茶などの飲み物

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

食べ歩きをするときに持っていると便利なもののひとつめは、「お茶」などの飲み物です。

うっぴー。うっぴー。

のどが渇いたときにすぐ近くに買えることろがあればいいですが、なかなか見つからないことも多いですよね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

わたしも出先でノドが乾いたとき、すぐに飲み物が買えなくてつらい思いをしたことがあります。 荷物になるから持ち歩きたくないという人もいるでしょう。しかし、最近ではスリムなサイズの水筒も売っているので、お出かけ用にひとつ、マイボトルを用意しておくと便利ですよ。

うっぴー。うっぴー。

それは便利ですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

あらかじめ飲み物を用意しておくと、飲みたいときにいつでも飲むことができます。また、食べ歩きの時は甘いものを食べることが多いですよね。口の中をさっぱりさせるには、お茶が一番です。

ウェットティッシュ

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

便利なもののふたつめは、ウェットティッシュです。「食べるときに手が汚れていて気になる」ときや、「手や口まわりが汚れてしまった」というときに、役立ちます。

うっぴー。うっぴー。

それはハンカチでもいいじゃないですか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

たしかに、ハンカチでも手や口をきれいに拭くことができます。しかし、ベタベタした汚れだったらなかなか落ちません。ウェットティッシュなら、サッと一拭きでたちまちきれいになります。

うっぴー。うっぴー。

そのためのウエットティッシュなんですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

ウェットティッシュひとつあれば、どんな食べ物でも安心して食べられます。サイズもコンパクトで、もち運びのジャマにならないのでおすすめですよ。

血糖値が気になるなら「賢者の食卓」

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

血糖値が気になるなら、大塚製薬の「賢者の食卓」を持ち歩くのがおすすめです。糖分や脂肪の吸収をおさえてくれます。

うっぴー。うっぴー。

おいしく食べて健康的にですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

もし「用意するのが面倒」「薬みたいでいやだ」という場合には、難消化性デキストリンが入っている特定保健用食品の飲料などがいいです。たとえば、ヘルシアなどですね。 食後の血糖値上昇を抑えてくれますよ。

食べ歩きにあると便利な持ち物は、お茶とウェットティッシュ  まとめ
  • 食べ歩きをするときに持っていると便利なもの「お茶」などの飲み物です。喉がかわいて買おうともってもすぐ買えないこともあるので、お出かけ用にひとつマイボトルを用意しておくと便利です。
  • 口や手が汚れたときにすぐふけて便利なのはウエットティッシュです。ベタベタした汚れはハンカチでは取れにくいのでウエットティッシュをひとつ持っておくと安心です。
  • 食べ歩きで血糖値が気になるときは、糖分や脂肪の吸収をおさえてくれる「賢者の食卓」を持っておくと安心して食べることができます。

歩きながら食べるのを遠慮すべきなのは「片手で食べられないもの」

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

「片手で食べられないもの」は食べ歩きには向いていません歩きながら食べることがOKな場所が増えているとはいえ、マナーというものがありますよね。

うっぴー。うっぴー。

歩きながら食べていると、まわりへの注意はおろそかになりますね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうです。さらに両手がふさがっていたらなにか問題が起きた時、対処できなくて困ってしまいますね。あなたのまわりにも歩いている人はたくさんいるので、迷惑をかけることになってしまします。

うっぴー。うっぴー。

たしかに両手がふさがると危ないですよね。それでも両手を使うものでも食べたいものはありますよ。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

どうしても両手がふさがってしまう場合には、端によったり、座れるところに行ってから食べるようにするといいでしょう。片手で食べられるものであれば、周りの人にも気遣いしながら食べることができますね。

歩きながら食べるのを遠慮すべきなのは「片手で食べられないもの」 まとめ
  • 片手で食べられないものは食べ歩きに向いていません。歩きながら食べているとまわりへの注意はおろそかになり、両手がふさがっていたらなにか問題が起きた時対処できません。
  • 両手がふさがってしまう時は端によるか座って食べられるところに移動して食べましょう。

旅先を変えてみるとおいしいものに出会える

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

いつもは選ばない場所に行ってみるのも、おもしろいものです。食べたことのないおいしいグルメに出会うチャンスです。

地元の観光地で食べる郷土料理

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

身近なところでは、地元の観光地で郷土料理を食べるのがおすすめです。あなたの地元の郷土料理を、あなたの地元で食べてみてください。家で食べるのとはまた違うおいしさがありますよ。

うっぴー。うっぴー。

地元の郷土料理をお店で食べることってないですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

そうですよね。観光客向けのお店で食べると、いろいろなバリエーションの味付けやトッピングなどが楽しめます。はじめて出会う味に驚くかもしれませんね。

うっぴー。うっぴー。

なるほど、自分の知らないバリエーションがあるかもしれないんですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

旅行というと、県をまたいで遠くに行こうとしますが、楽しめる場所は身近なところにあったりするものです。気分を変えて、地元を観光してみてはいかがでしょうか。あなたの住んでいる場所にも、とても素敵なグルメがあるのですから。

外国人に人気のスポット

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

外国人観光客に人気のスポットで食べ歩きをするのもおすすめです。日本人に人気の場所と、外国人に人気の場所は少し違うので、意外な場所に行けますよ。海外から来る人たちは私たちとは違った視点で、日本の魅力をとらえています。

うっぴー。うっぴー。

そうなんですね。でも外国人に人気なのは日本的なものが多いんじゃないんですか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

日本に住んでいるのに日本のものを食べてもつまらないと思う気持ちわかります。 わたしも以前はそう思っていました。 しかし、京都に行ったとき、ある喫茶店でお抹茶を飲んだことがありました。 普段よく飲むお茶とはちがい、色が濃いのにおどろきました。

うっぴー。うっぴー。

そんなに違うんですか?

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

味も苦みはありますが、ちょうどよい苦みで、抹茶の香りもとてもよかったのを覚えています。抹茶は日本の文化ですが、実際に飲んだことのある人は少ないですよね。日本にいながら、違う国の文化に触れたような気持になりました。

うっぴー。うっぴー。

日本の文化も知っているけど経験していないことが多いってことですね。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

外国人が、わざわざ日本に来て観光するということは、それだけの魅力があるということなのです。ためしに一度、行ってみてください。今まで知らなかった日本の魅力を発見できますよ。

旅先を変えてみるとおいしいものに出会える まとめ
  • 地元の観光地で郷土料理は観光客向けのお店で食べると、いろいろなバリエーションの味付けやトッピングなどが楽しめて家で食べるものと違うことが発見できるかもしれません。
  • 外国人観光客に人気のスポットで食べ歩きをするのもおすすめです。海外から来る人たちは私たちとは違った視点で、日本の魅力をとらえているので、今まで知らなかった日本の魅力を発見できます。

まとめ

「食べ歩き」とは「あちこち食べてまわること」

「歩きながら食べること」ではなく、いろいろなお店で食事をすることが、本来の「食べ歩き」の意味になります。

食べ歩きにあると便利なのは、お茶とウェットティッシュ

お茶は、飲みたいときにすぐに飲めて、口の中がサッパリします。
ウェットティッシュはすぐに手をきれいに拭けますね。

歩きながら食べられるのは「片手で食べられるもの」まで

両手を使わないと食べられないものは遠慮したほうがいいです。
どうしても食べるときは、座って食べられるところを探しましょう。

地元の観光地や外国人に人気のスポットが穴場

あまり行く機会のない地元の観光地にも、おいしいものはたくさんあります。
移動時間を減らして、おいしい時間をふやしましょう。
外国人観光客に人気の場所に行ってみると、新たな日本の味におどろきますよ。

うっぴー。うっぴー。

食べ歩きが自分の思っていたことと違うことにビックリですが、ルールやマナーを守って楽しくできたらと感じました。

風呂敷ひよこ風呂敷ひよこ

旅行の醍醐味「食べ歩き」食べ歩きのマナーや気遣いを忘れずに、おいしいものを思いっきり味わって、忘れられない旅行にしてくださいね。