旅行を快適に!おすすめグッズ。これをもっていけば安心!厳選16選

「今度旅行に行くけど、なにか便利なおすすめグッズはないの。」
「旅行を快適に過ごすために、何を持って行けばよいかわからない。」

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

こんにちは大学生のときに旅行の魅力にとりつかれ、海外旅行歴20年の「かずひろ」です。
今回は「旅行にもっていくと、便利で快適にすごせるおすすめグッズ」をご紹介します。
せっかく楽しみにしていた旅行、快適に楽しくすごしたいですよね。

まずは持ちものをチェックしてください。
本当に必要なものをコンパクトにまとめて準備したいですよね。
でも本当に必要な物って、なかなか思いうかびませんよね。
いつ何が必要になるか考えると、必要なものはしぼられてきます。
私も最初は必要なものがなにかわかりませんでした。

何回も旅行に行くと、必要なものがみえてくるのです。

そんな私が旅行に持っていって本当によかったもの、便利だったものを厳選してご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


キーワードは「荷造り」「防犯」おすすめ5選!

私が旅行の準備で注意することは、荷造りと防犯です。

荷造りと防犯対策をすることで、移動の快適さと安心感がぐっとあがります。

荷造りのコツは、
物をコンパクトにまとめ整理することです。
荷物をとり出すときにも楽になり、さがす時間の手間もはぶけます。

旅先で荷物をとりだそうとするときに、さがしても見つからないことがありますよね。
たしかに入れたはずなのにどこにしまったか忘れてしまう。

「大事なものが見つからない。」

旅行前にキツキツに荷物をつめすぎて、ぜんぶひっくり返してやっと見つけたことがあります。
もう冷や汗ものでした。

また防犯対策をしておくことであとの安心につながります。
治安のよい日本とくらべて、海外は犯罪にあうリスクも高くなります。

旅行で犯罪の被害にあったことはないですが、対策をしているので心に余裕ができますね。
金銭的な被害はもちろんのこと、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。
しっかり対策したいですね。

それではわたしがいつも使っているおすすめグッズを厳選してご紹介します。

スキミング防止バッグ

海外旅行に行くときには、防犯対策をしっかりしたいものです。
その中でもちょっとしたすきを狙って、クレジットカードのデータを盗むスキミング被害があとをたちません。

旅行に行くときにはこれから旅行にいくうれしさから、気もゆるみがちです。
私はスキミング防止バッグで対策しています。
大事なクレジットカードの情報を守ってくれて、旅行中の安心につながりますね。
せっかくの旅行、安心して楽しくいきたいですよね。

旅行中にビクビクしながら行動するのでは、ストレスがたまってしまいます。
そこで対策をしっかりしていれば、スキミング被害のストレスも少なくなりますね。

このスキミング防止バッグはRFID防磁素材をインナーポケットに織り込んでいて、スキミング被害を防いでくれます。
また肩掛けバッグとして、ウェストポーチとしても使えるすぐれものです。

南京錠

スーツケースやリュックの施錠用としてはもちろんですが、海外では荷物からはなれるときにも注意が必要です。

おき引き被害を防ぎたいので、ちょっと席をはなれるときにも、柱などに荷物を固定しています。

荷物をとられてしまったら、予定もすべて台無しですね。
楽しみにしていたリゾートでの遊びや食事、すべて予定がくるってしまいます。
こまめにかぎをかけることで、そんな不安もなくなります。
心に余裕ができますね。

ダイヤル付きのロックは、犯罪者からあなたのカバンを守ります。
また南京錠がついているだけで、おき引犯もひるんで犯罪の抑止効果もうまれます。
ワイヤー付きなので、柱などに荷物を固定するのにおすすめです。
またデザインがおしゃれなのもお気に入りの理由です。

トラベル圧縮バッグ

旅行前の荷造りって本当に面倒ですよね。
もっていきたい服を、あれもこれもそろえてしまうとスーツケースが閉まらない。
そんな経験ありますよね。

三日分くらいの着替えなら、一つの圧縮バッグに収まってしまいます。
スーツケース内のスペースの節約にもなり、時間の節約にもなります。
帰りの荷造りもらくらくです。

せっかくの旅行、すこしでも荷造りの時間を減らしてリラックスしちゃいましょう。
圧縮バッグを使い始めて、荷造りが本当に快適になりました。
これがあればおどろくほどにコンパクトに収納できます。
使い方もかんたんで、ビニール製の圧縮袋とちがって掃除機で空気をぬく手間もかからず、ファスナーをしめるだけです。

ハンディースケール

空港のカウンター前で、スーツケースを広げている人をよく見ます。
きっと預ける荷物の重量オーバーで、中の荷物を減らしています。
このハンディースケールがあれば、スーツケースの重さをチェックできます。

人が行きかうロビー内で荷物を広げるのは、人目が気になりますよね。
そのまま預けてしまうと追加料金をとられてしまいます。
お金がもったいないですし、時間の余裕もなくなってしまいますね。

ファーストクラス

1個あたり32kg 70ポンドまで

ビジネスクラス

1個あたり32kg 70ポンドまで

プレミアムエコノミー、エコノミークラス

1個あたり23kg 50ポンドまで*1

*1.2019年6月30日までに発券された航空券で、太平洋線をANA便ご利用、乗継(24時間以内)にてブラジル発着旅程の場合は32Kg 70ポンドまで



ANAホームページより

追加料金の請求と時間の無駄をふせぐためにも、規定内の重さにおさめたいですね。
こちらのハンディースケールは、重さ50kgまではかれます。
コンパクトなので持ち運びにも便利です。
重量オーバーを防ぐために、帰りの荷造りのあとに必ず重さをチェックしています。

イージーハング

スーツケースは引いて移動するよりも、手元において待機している時の方が長いです。
ちょっとした袋や衣類などを、ベンチや床におくことなく引っかけられます。
両手が空くので、スマホを操作するときや読書をするときに便利です。
またカウンターでパスポートを職員に見せるときに、手荷物や衣類をかけておくのも便利ですね。
両手がふさがってないので荷物を足元におきながら、ふいの探し物もらくらくです。
ビニール袋や傘や帽子などフック状のストッパーが、しっかりホールドしてくれるのでずり落ちません。
取り付けもかんたんです。
ゴム製なので、はさみで切って取ってにあった長さに調節します。
そしてそのまま貼りつければ、ただの取ってが便利な取ってに大変身します。

旅先の「快適グッズ」おすすめ5選!

せっかくの旅行、旅先では快適にすごしたいですね。

海外旅行では国によって文化や環境がちがうので、なにかと不自由になることも多いです。

電気の規格も国によってちがいます。

前にお気に入りのドライヤーを、そのまま現地のコンセントにさして使ってしまい壊してしまいました。
日本の感覚で行動すると失敗も多くなります。

ほしい物も、現地に好みのものがあるとは限りません。
環境のちがう海外で快適にすごすために、おぎなえるものはそろえておきましょう。

それでは私が今まで使って便利だった快適グッズを、厳選してご紹介します。

楽っぱ

日本のホテルとちがって、海外のホテルではスリッパが置かれていることはほとんどありません。

ちょっとしたホテル内の移動で、靴をはいて移動するのは疲れますよね。

私はホテルにつくと、すぐ靴をぬぎ楽っぱにはきかえて、リラックスします。
長旅の疲れがいやされる瞬間です。
靴とちがって、優しくつつみこまれる感じがたまりません。
かかとにガードがついているので、よく足にフィットします。
またウェットスーツ素材でできているので、リゾートに行ったときには、砂浜の散歩にもはいていきます。

波うちぎわの海のなかでも、しっかり足をガードしてくれるので、安定感バツグンですよ。
おりたたむとコンパクトになるので、スーツケースの中にいれてもかさばらないのが良いですね。

折りたためるトラベルケトル

私はカップヌードルとおりたたみケトルを、旅行にもっていきます。
ちょっと長い旅になるとカップヌードルが恋しくなるのです。
海外の料理に飽きてしまった時にたべると、とっても幸せな気分になります。
また旅の疲れに日本茶もいいですね。
そこで問題は海外のホテルには、ケトルがないことが多いです。
そんな時にあるとうれしいのが、この折りたたみ式のケトル。
どこでもインスタント食品や緑茶を、味わえます。
また本体が伸び縮みするので、スーツケースに収納してもじゃまにならず、その分空いたスペースを有効活用できます。

ボディーの形はちょうちんのようなジャバラ状になっていて、高さ10㎝まで縮みます。

電圧はつまみをひねると、海外の電圧にも対応しています。

携帯ウォシュレット

日本ではコンビニのトイレにもウォシュレットがありますが、海外に行くとなかなかお目にかかれません。
ウォシュレット派のあなたには、こちらのウォシュレットをおすすめします。

普段ウォシュレットを使っていると、なかなか普通のトイレはつかいたくないですよね。
携帯用ウォシュレットならどこでも、普通のトイレがウォシュレットに早変わり。
快適にストレスなくご使用できます。
乾電池で動くので世界中どこでもつかえます。

本家のTOTO製ですので使用感もバツグンです。
コンパクトサイズで、スーツケースのちょっとしたスペースに収まるのも良いですね。

どこでも洗濯パック

旅行の日程が長くなると、持っていく着替えも多くなり荷物がふえますよね。
くつ下や肌着は洗濯すればすぐ乾くので、現地で洗濯しています。

旅先のホテルに洗濯機がない場合でも、この洗濯パックを持っていけば安心です。
移動の快適さを追い求めると、荷物はコンパクトにしたいものです。
特に衣類は荷物の中でも一番かさばります。
この洗濯パックはあつでの衣類の洗濯にはあまり向きません。
袋の大きさがそこまで大きくないからです。
でも薄手の肌着やくつ下との相性はバッチリです。

洗い方は袋の中に洗剤とよごれた衣類を入れて、もみ洗いするだけです。
そのあとに下のチャックを開けて脱水。
これだけです。

洗剤など洗濯用品一式がそろっていて、旅先にもって行くと便利ですね。

これだけ持っていけば洗濯用品の心配はいりません。

USB端子つき海外プラグ

一口に海外変換プラグと言ってもいろいろな商品があります。
このUSB端子付き変換プラグをおすすめします。

スマホの充電機能もついているので、世界各国どこのコンセントでも、手軽にスマホやガジェット類の充電ができます。
変換プラグを地域によって買いそろえるより、コンパクトなボディーで充電機能までついているのでお得です。

最近、空港などでもタブレットやスマホやモバイルPCなど、複数のデバイスを持っている人をみかけます。

もはや旅の必需品ですね。

このUSB端子付き変換プラグは最大5台まで充電できるので、複数のデバイスをもっていく方も安心です。


これは便利!日用品を有効活用すべし!

旅行にいくと「あれをもってくればよかった。」と後悔することがあります。

いつもの生活のなかにでも、旅行にもっていくと便利なものがかくれているのです。

旅行中は移動や食事など環境のちがいから、必要な物もかわってきます。
日本では必要なものを、すぐに手に入れることが出来ます。
どこで売っているかも知っていて、便利なコンビニもあります。

海外ではどこで何を売っているのかわかりません。
言葉のちがいで説明するのもたいへんです。
いざという時にほしいものがないと困ってしまいますね。

私は旅から帰ってくると、旅行中の持ち物で困ったものを考えなおして、アップデートするようにしています。

次回の旅行に活かすためです。

そんな私がいままで旅行に持って行って、良かったもの助かったものをご紹介します。

ウエットティッシュ

海外のレストランでは、日本のようにおしぼりを出してくれません。
テーブルマナーがしっかりしている国でも、店によってはテーブルがよごれていることも。
ウエットティッシュをポケットにしのばせておけば、いつでもテーブルの上をきれいにできます。
せっかくのレストラン、気もちよくすごしたいですよね。

また飛行機のなかを想像してください。
せまい座席内で機内食をこぼしてしまったら困りますよね。
席を立つにも周りの人にも迷惑がかかります。
そんなときも、ポケットの中にウエットティッシュがあれば安心です。
また海外のトイレではハンドソープがないトイレが普通です。
ウエットティッシュを持っていけば、気もちよく利用できます。

いろいろな場面で活躍してくれるウエットティッシュは、グッズ界のオールラウンドプレイヤーなのです。

ジップロック

大きな荷物にものをまとめて移動する旅行では、アクセサリーや薬などの小物の紛失には、気おつけなくてはいけません。

使い勝手がよいジップロック。
物を小分けにして、まとめておけば大きな荷物のなかでも見失いにくくなります。

また衣類を日ごとに機能的に分けておけば、スーツケース内がすっきりして、毎日服をえらぶ手間がはぶけますね。

そして気密性が高いのでリゾートのプールやビーチに行くときも、スマホやお金を入れておくと便利ですね。

ぬれた洗濯物を入れれば、周りの衣類がぬれなくてすみます。

気密性があって小分けにできるジップロックは、いろいろなシーンで活躍してくれます。

小さなサイズは小物の仕分け用、中や大サイズはおもに衣類のしわけ用に便利です。

エコバッグ

その土地の市場に行くとどうしても、ビニール袋で両手がふさがってしまいます。
何件もお店を回ると手荷物がどうしても増えてしまいます。

エコバッグを持っていけば、少ない荷物もひとつにまとめられます。
帰りの荷物をしまう時には、エコバッグをつかって荷物をまとめることもできますよ。

かるくてかさばるものではないので、大き目のエコバッグを一枚持っていくことをおすすめします。

インスタント食品

海外旅行の楽しみの一つはグルメです。
ただ始めて行く土地などではどうしても口に合わないこともあります。
そんな時にインスタント食品の味が、懐かしくなってきます。

どうしても毎日おなじようなものを食べていると、インスタントラーメンが恋しくなってくるのです。

CMであった「おせちもいいけどカレーもね」。
まさにそんな感じです。

またちょっと小腹がすいた時にも良いですね。
わたしは必ずノーマルのカップヌードルと赤いきつねを持っていきます。

でも現地のグルメはもちろん楽しみたいです。
好き嫌いがそんなにあるわけではありません。
あくまでも恋しくなったときです。

もちこみすぎにはかさばるので注意が必要ですね。

洗濯ロープ

荷物をなるべく減らしたいので、現地で洗濯するようにしています。
洗濯するときに、部屋干し用の洗濯ロープがあるとたいへん便利です。

ホテルのカーテンレールや家具などに引っかければ、ハンガーや物干しを使わなくても簡単に部屋ぼしができます。

ロープを固定するだけなので、部屋の大きさにとらわれなくてすみます。
エアコンの下や日当たりのよい窓際など、かわきやすい場所を選べるのも良いですね。
かんたんに固定できて長さも調節できるので、かさばるハンガーや物干しをもってゆく必要もありません。

洗濯ロープは小さくまとめられるので、持ちはこびにも便利です。

プラスチックのスプーン、フォーク

ちょっと気軽に海外のテイクアウトやコンビニなどで、デザートや軽食を食べるときにあると便利です。
海外では日本とちがって、テイクアウトやコンビニでもスプーンやフォークはつけてくれません。

ホテルのフロントにたのむのも、もうしわけないですよね。

そして英語の会話にも自信がありません。

そんな時にプラスチック製のスプーンやフォークがあれば、きがるにおやつを楽しめます。
そんなにかさばるようなものでもありません。
使ったあとは捨てるだけです。

まとめ

キーワードは「荷造り」「防犯」おすすめ5選!

荷造りと防犯対策をしっかりしておくと、移動の快適さと安心感がぐっとあがります。
そんなおすすめグッズをご紹介。

・スキミング防止バッグ
・南京錠
・トラベル圧縮バッグ
・ハンディースケール
・イージーハング

旅先での「快適グッズ」おすすめ5選!

海外旅行では環境や文化がかわります。

快適な旅行にするための、おすすめグッズをご紹介。

・楽っぱ
・折りたためるトラベルケトル
・携帯ウォシュレット
・どこでも洗濯パック
・USB端子つき海外プラグ

これは便利!日用品を有効活用すべし!

普段つかっている日用品。
旅行にもっていくと便利なものをご紹介。

・ウエットティッシュ
・ジップロック
・エコバッグ
・インスタント食品
・洗濯ロープ
・プラスチックのフォークスプーン

旅行中は、いつもの日常とは環境がいろいろ変化します。
飛行機での移動、食事、宿泊などです。
いろいろな場面でいつもとのちがいに、とまどうこともあるでしょう。
すこしでもそんな不安をなくすための、おすすめグッズをご紹介してきました。
きっとあなたの旅行を、快適にサポートしてくれますよ。