東京からの旅行は格安新幹線で行こう!

「新幹線を安く使って旅行したい」
「ホテルとセットなら、旅行会社に行った方がいいのかな」

そんなお悩みのあなたに向けて書いています。

こんにちは、旅行・ドライブ大好きの「Aga.420」です。

今日は新幹線を安く利用したい人のために、どうすれば安くなるのかをご紹介します。

東京から大阪に行くのに新幹線は便利ですよね。

私も大阪まで行く時は、「なるべく新幹線で行きたい。飛行機の方が安いけど空港まで行くのが遠くてめんどくさい。なら、新幹線で安く済ませたいな・・・。」と、悩んでいました。


でも、新感線っておトクになる要素がたくさんあることに気づいたのです。
これを読めば、新幹線でおトクに旅行を楽しめますよ。


オトクに乗れる割引きっぷを使え!

JR各会社からは、様々なオトクなきっぷが販売されています。

えきねっとトクだ値(JR北海道・東日本)

出典元: https://www.eki-net.com/top/tokudane/?src=reservetop_bnr

「えきねっとトクだ値」は、JR東日本・北海道のインターネット予約サイト「えきねっと」で販売されている割引きっぷです。

前日までに予約をすればいいので、直前での利用も可能です。

東北、上越、北陸、山形、秋田、北海道の各新幹線が対象です。


割引率は、5~15%。列車や区間によって割引率は異なります。
また、座席数限定です。

なので、人気の時間帯や優等列車などは早めに売り切れてしまう可能性があります。


「えきねっとトクだ値」を利用するには、「えきねっと」の会員登録が必要です。
登録費用や年会費は無料です。
また、座席数は限定されています。

お先にトクだ値(JR北海道・東北)

「えきねっとトクだ値」よりさらに高い割引率を誇るきっぷです。
出発日13日前に購入することで、25~35%の割引になります。

東北、上越、北陸、山形、秋田、北海道
の新幹線が対象です。
対象となる新幹線は、基本的に「えきねっとトクだ値」と同じですが、列車や区間に、座席数の制限は厳しくなります。
設定のない列車もあるので、注意が必要です。

また、最大割引が50%になる「お先にトクだ値スペシャル」も期間限定で販売されることがあります。
こちらも要チェックです。

こちらの2つのチケットはインターネット予約限定です。
私は、旅行など先の予定が決まっているときには、よく使います。
会員登録さえすれば、カンタンに予約できます。
通常価格で購入するよりもはるかにお得なので、ぜひ利用するべき切符です。

ただ、席に限りがあり、満席の場合もあるので、早めの予約をおススメします。

EX早特(JR東海・西日本)

出典元: https://smart-ex.jp/product/hayatoku/ex/

JR東海・西日本のインターネット予約サービス、「スマートEX」で購入できる割引きっぷです。
東海道・山陽新幹線に設定されており、出発日3日前までに購入が必要です。
東京エリア~山陽エリアや九州エリアでの移動に便利です。
割引率は区間によりますが、東京~山陽エリア間で20%程度です。

EX早特21(JR西日本・東海)

出典元: https://smart-ex.jp/product/hayatoku/ex_21/

「EX早特21」は、こちらもJR東海・西日本のインターネット予約サービス、「スマートEX」で購入できる割引きっぷです。
「EX早特」よりさらに高い割引率があるきっぷです。

  • 東京・品川・新横浜~東海道・山陽新幹線の主要駅
  • 名古屋~小倉・博多

に設定されています。
また、時間帯や種別に制限があり、乗車駅を朝6時台、昼11~15時台に出発する「のぞみ」のみに設定されています。

出発日の1か月前から21日までに購入することや、座席数に上限がありますが、20~30%ほどの割引が、適用されます。

東海道・山陽新幹線の「のぞみ」に乗るならもっともお得なチケットです。
予定があらかじめ決まっているときには、特におすすめの割引きっぷです。

ぷらっとこだま(JR東海ツアーズ)

出典元: https://www.jrtours.co.jp/kodama

東海道新幹線のこだま号限定になりますが、「ぷらっとこだま」というプランがあります。

こちらは、JR東海ツアーズが販売しているプランです。
こだま号の普通車指定席と、ワンドリンク無料券がセットになっています。
割引率は東京~新大阪間で約27%と高い割引率をほこります。

また、ネット販売では出発日の5日前に購入が必要ですが、店舗での販売だと前日までの購入に対応しています。
急な予定でも対応しやすいことが特徴です。

こだま号の指定席は、ほかの種別より席が予約しやすいです。
また時間帯に縛りがないため、利用しやすいのが特徴です。

東京~新大阪間では、のぞみより1時間ほど遅いこだまです。
しかし、時間にゆとりがあるのであれば、間違いなくおススメするプランです。

私は、新幹線をゆっくり楽しみたいので、急いでいないときは
よく「ぷらっとこだま」を使っています。
よく新幹線に乗れて、飲み物が一本サービスなのが個人的にはうれしい点です。

JRの窓口では取り扱っていないのでご注意ください。

金券ショップ意外と安くない!?おススメしない理由とは

金券ショップは、安いチケットや、きっぷが手に入るイメージがありますが、新幹線のきっぷに限って言えばそんなことはありません。

まず。金券ショップで手に入るきっぷは回数券です。
その中でも、回数券は、
・「のぞみ号」の指定席に乗れる回数券
・「こだま号」の自由席に乗れる回数券

など、色々な種類があります。

また、回数券なので、
・東京~名古屋 間
・品川~新大阪 間
など区間が指定されています。

過去に大阪に用事があったので、東京~新大阪間の回数券を探していました。

しかし、お店に東京~名古屋間の回数券しかありませんでした。


このように、必ずしも目的地まで販売しているきっぷが、手に入らないことがあります。

また、金券ショップの回数券はバラ売りや、つづり売りなどがあり、都合よく人数分が手に入る可能性も低いです。

割引率ですが、店舗や時期にもよりますが、人気のあるきっぷだと5%ほどにとどまります。

ここまで制限が多いのに、わざわざ金券ショップで買う必要は見当たりません。


泊りで旅行するなら旅行会社の宿泊プランを使え!

出典元:https://www.jrtours.co.jp/

旅行で新幹線を使う場合、間違いなく旅行会社に行ったほうが安いです。
旅行会社では新幹線とホテルがセットになった宿泊プランを発売しています。

JTBの新幹線と宿泊プランセットを見てみると、

例)東京~大阪間 往復新幹線利用。ホテル一泊利用、
28,200円~
とかなりお得な金額になっています。

参考に、東京~新大阪間の新幹線指定席(ひかり・こだま)は
往復 28,880円
なのでとてもおトクなプランだとわかります。

また、宿泊ホテルなどは数あるホテルから選ぶこともできます。
自分の工程に合わせ、場所や値段なども選べるのでおすすめです。

「JTB」のほかに「日本旅行」や、「JR東海ツアーズ」などでも新幹線・ホテルセットプランを販売しています。

後ほど、旅行会社を使ったプランを詳しく紹介します。

・日本旅行
セットでお得!日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプラン

・JTB
旅ならるるぶトラベル

・JR東海ツアーズ
http://www.aeon-tabi.com/co/jrtokai/

【番外編】学生なら学割を使ってみよう

学生限定の学割というものがあります。

片道101㎞以上、JR線を利用する場合、JRが指定する学校の生徒に対し、運賃が2割引きになる制度です。

注意点は、運賃が2割引きになり、全体の料金が2割引きになるわけではありません。
新幹線だと12~13%ほどの割引になります。

学校から「学生・生徒旅客運賃割引証」(学割証)を発行してもらうことで使うことができます。
対象は中学・高校・大学・専門学校で、学生証を発行できる学校が条件です。
ほとんどの学校は学割証を発行することができます。

私もよく利用させてもらっていて、新幹線以外にもつかえるので、学生には幅広く使えるので便利です。

使い方は、学生証を発行してもらった後、みどりの窓口できっぷを購入する際、学割証を提示して、「学割でお願いします。」と言うだけです。

注意点は、みどりの窓口でしか使えない点です。
ネット購入では使えないので注意が必要です。

私が自信をもっておススメするベストプランは?

ここまで様々なきっぷやプランを紹介してきました。
ここで、私がおススメするプランを紹介します。

旅行といっても、
・一泊以上の宿泊
・日帰り
・実家などの帰省
など、さまざまなスタイルがあります。
新幹線を使った場合、多くの人は遠方への旅行となり、宿泊をするケースが多いでしょう。

なので、新幹線とホテルを含めたプランをご紹介します。
今回は例として、東京~新大阪間を一泊二日での旅行を組んでみました。

全部お任せ!旅行会社のプランをのぞいてみよう。

・旅行先のホテルは素泊り、または、朝食付きプランだけでいい
・ホテルにあまりこだわりがない
安く済ませたいけど、あまり詳しくないからおまかせしたい
とにかく安くしたい

そんな方は、旅行会社のプランに頼んでみましょう。

今回は、「JR東海ツアーズ(https://www.jrtours.co.jp/)」を使ってみます。

赤枠で囲った部分には、

  • 出発地(首都圏)
  • 出発駅(東京駅)
  • 目的地
    ・大まかな地方(近畿地方)
    ・都道府県
    ・エリア(今回は新大阪エリア)
    ・サブエリア(今回は大阪・梅田・中之島)
    ・詳細エリア(今回は大阪駅・梅田)
  • 出発日
  • 人数・室数(今回は2人1室)
  • 予算

水色文字は入力なしでもOK。
このように自分の予定を入力するだけで、カンタンにおススメプランがでてきます。

あなたへのおススメプランから、料金が安い順など、自分の好きなホテルを新幹線込みの値段で選ぶことができます。

画面上に表示されている「プレミアムホテル -CABIN- 大阪」を例に見てみると、

今回は17,700円で予約することができます。
朝食付きですと、19,300円になります。
値段は、GWやお盆などの繁忙期や、時期によって値段がかわるので注意が必要です。

参考に、東京~新大阪間の新幹線の往復価格は
・自由席 27,740円
・ひかり自由席 28,800円
・EX早得21 22,400円

と、きっぷとホテル別々で予約するより安くすみます。

また、画像のように時間帯別に乗りたい新幹線を選べたり、プランによっては追加料金でグリーン車を選択することができます。

浮いたお金でグリーン車に乗ることができるので、ぜいたくに移動したい方にはおすすめです。

また、タバコを吸う方には喫煙ルームがある車両を選べたり、席を友人と隣りどうしにしたりすることもできます。

これは私の経験ですが、喫煙者は喫煙ルームがある車両にしましょう。
私も喫煙者なのでよく喫煙ルームを利用しますが、喫煙ルームまでいくのがめんどくさいです。
また、繁忙期や混んでいる新幹線だと移動がとても大変です。
もし、乗車中吸われる方は、喫煙ルームがある車両を選びましょう。

今回紹介した旅行会社を使ったプランより、
・自分でホテルとか選びたい。
・自分で工程を立てて旅行したい。
という方もいらっしゃると思いますが、その場合は旅行会社の新幹線とホテルのセットプランより高くなることを、覚悟しましょう。
時期やタイミングなどにもよりますが、ほとんどの場合、別々に予約すると値段が高くなることがほとんどです。

プランを使った注意点ですが、
・人数指定(2人以上など)
・泊まりたいホテルが満席
・時期やタイミングによって値段が変わることがあります。
プランをよく確認して予約しましょう。

また、「JR東海ツアーズ」では、出張プランなど一人向けのプランもあるので、そちらもチェックしてみましょう。

JR東海ツアーズ 出張プラン
https://www.jrtours.co.jp/plan/business/?scid=pick-business1

私は旅行の工程を組み立てることも、旅行のひとつだと考えています。
しかし、どうしても旅行会社のプランには値段では負けてしまいます。

新幹線を使って一泊以上の旅行の場合は、旅行会社のプランを使いましょう。
一番値段をおさえられて、カンタンに工程が組めるのでおススメです。

まとめ

オトクに乗れる割引きっぷを使え!

JR各会社から公式ネットで割引きっぷが発売されています。
早ければ早いほど安く購入できるので、早めに予約することをおススメします。
また、直前だとしても、出発日前日までに予約すれば割引されるきっぷもあります。
ぜひ、きっぷはネットで購入し安く済ませましょう。

金券ショップ意外と安くない!?おススメしない理由とは

安いイメージがある金券ショップですが、必ずしもそうとは限りません。

希望の区間が売られていなかったり、時期によっては割引率がJR公式ネットで買うより低い場合もあります。
必ずしもきっぷを購入できるわけではないなど、デメリットのほうが大きいです。

金額的にみても安くなく、使い勝手が悪いことから金券ショップでの購入はおススメしません。

泊りで旅行するなら旅行会社の宿泊プ2ランを使え!

泊りで旅行するなら、ホテルと新幹線とのセットプランを
使いましょう。

各旅行会社から販売されていて、新幹線とホテル別々で予約するより安く済みます。
また、ホテルも数多くのホテルから選べるので、旅行の工程に合わせて使えます。

【番外編】学生なら学割を使ってみよう

JRは学生に向けて、学割という制度があります。

学校で学割証を発行してもらえば、運賃の2割引きが適用されます。

ほどんどの学生が利用でき、学割証をもってみどりの窓口で購入すればいいので、簡単に割引できるので便利です。

また、新幹線以外にも101km以上JR線を利用するのであれば、適用されるので幅広く使えます。

私が自信をもっておススメするベストプランは?

日帰りなどの場合は、紹介した割引きっぷでいくのがおすすめです。
しかし、一泊以上の宿泊をする場合は旅行会社の新幹線とホテルがいっしょになったプランを使いましょう。

宿泊する場合は、旅行会社のプランのほうが圧倒的に安くなるケースがほとんどです。
また、工程もカンタンに組めるので、「安さ」と「楽さ」を両立させたい方にはおススメです。

新幹線の割引方法って意外と多いんです。
オトクに使って楽しんでください。