沖縄でおすすめする離島3選!各離島ごとのおすすめ観光地や名物はなに?

国内旅行といえば沖縄と考える人も多ですよね。
とはいえ離島の数も多い沖縄。

「数多くある沖縄の離島の中でおすすめの場所は?」
「また車が運転できないけど楽しめる?」
「せっかくの沖縄だからいい宿泊施設に泊まりたい。おいしい料理が食べたい。」
と考えているアナタにこっそり教えちゃいます。

一人旅が大好きで、昨年末にも思いたって石垣牛を食べるためだけに石垣島へ行きました。takuya178です。

この記事では沖縄でおすすめの離島3選を人気観光地、名物とともに紹介していきますね。

膨大な観光スポットのある沖縄。
おすすめのスポットなどを事前にを知っておかなければ、せっかくの旅行がもったいない時間になってしまいます。
この記事を読むことで「ここは絶対行こう!いい思い出になる!」と思うことができます。
また「こんなふうに沖縄を楽しめるのか」と感じることができますよ。

それではこれより私がおすすめする離島を紹介していきますね。


人気NO.1の離島!石垣島

沖縄離島の中では人気NO.1の石垣島。

石垣島といえば、ミシュラングリーンガイドで沖縄唯一の3つ星評価もされている「川平湾」での観光や「石垣牛」を堪能しましょう。

エメラルドグリーンの海が絶景!川平湾


引用元:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2212/

ミシュランガイドにのるのは食事だけかと思われていますが、実は旅先の評価もされています。

そんなエメラルドグリーン輝く川平湾は「川平ブルー」と呼ばれ世界中の人々に愛されています。
川平湾へはバスで行くことも可能です。観光の中心となるであろう「離島バスターミナル」から1時間ほどでいくことができます。
気軽に写真を撮りにいける絶景スポットなのではずさないようにしましょう。
私はその綺麗で美しいエメラルドグリーンの海に一瞬で目をうばわれてしまいました。

石垣島といえば石垣牛!

なんといっても石垣島での食事といえば石垣牛でしょう。

石垣牛は石垣島の気候と太陽の恵みでストレスなく育っているため、脂身があっさりしていて口の中でとける味わいが絶品です。

やはり石垣牛を美味しくいただくのは何かと考えたとき思い浮かぶのが「焼肉」ですよね。

しかしここではあえて「石垣牛の握り」を紹介します。

美しい自然で丁寧に飼育されている石垣牛ですから、素材の味をそのままにいかした「握り」がおすすめです。

石垣島でしか食べられない鮮度での「握り」食べてみてください。
口の中でとけてしまいますよ。

写真の握りは石垣屋にて食べることができますよ。
場所もアクセスがよく、離島バスターミナルから20分くらいで行くことができました。
バス停から道路を歩いていると急にポツンとお店があらわれたのびっくりしました。
そして「石垣牛の握り」をはじめて食べたときは「こんな食感のお肉食べたことない!」と感動しました。
お肉の上品な味わいもさることながら、塩がいいんですよね。
ふつうの食塩とちがって、しっかりと味が濃いです。

さすが石垣島。

ここで魅了されてお土産は「石垣の塩」にしたくらいです。

宮古島で日本一美しい海や宮古牛を楽しみましょう

引用元:https://www.orion-tour.co.jp/orion/air/model_course/37965 

宮古島の絶景スポットといえば
「与那覇前浜ビーチ」

約250のサンゴ礁が広がっていてダイバーからは「日本一美しい海」と呼ばれております。

7kmにもなる白い砂浜とのロケーションはとても美しいです。
またしても与那覇前浜ビーチは空港から車で10分程度の距離にありアクセスも抜群ですね。
また宮古島のロケーションといえば宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」も有名ですね。

引用元:https://www.jtb.co.jp/kando/detail/350.asp 

私がいったときには「パラセーリング」というマリンスポーツをしている人もいました。
ボートにパラシュートをつないで引っ張ってもらうという、会場のジェットコースターのようなものです。
私はあいにく出来ませんでしたが、こういったマリンスポーツ目当てに宮古島にいくのもいいですね。

宮古島の海は絶景スポットが多いのですが迷ったらこの2箇所を押さえておくのが無難ですね。
異世界に来たような絶景に心をうばわれます。

そして宮古島の食事といえば「宮古牛」です。

幻の牛肉!宮古牛

引用元: http://blog.kinpro.jp/yagiyukiko/2017/05/12/_%E5%AE%AE%E5%8F%A4%E7%89%9B%E2%99%AA/ 

宮古島で堪能できる宮古牛は
幻の牛肉」といわれております。

宮古牛が「幻の牛肉」と呼ばれるのは、少量生産かつ宮古島の限られた飲食店でしかあつかえない決まりがあるからです。
ワラと宮古島の豊富な地下水で少量飼育されているため、かぎられた飲食店でしか食べられないんですね。

そんなていねいに育てられ脂が上質でおいしい宮古牛。
宮古牛こそ宮古島にきたら必ず食べるべき名物ですね。


西表島で憧れのあのネコを見にいこう!

引用元:https://sotoasobi.net/activity/trekking/10/47/112/blog/iriomote-island-trekking-recommended 

最後にご紹介するのは西表島です。
西表島と聞いてほとんどの方は最初にあのネコを思い出すんじゃないでしょうか。
そうですイリオモテヤマネコです。

引用元:https://iwcc.jp/iriomotecat/cat/ 

その愛らしい見た目のイリオモテヤマネコ。
国の特別天然記念物となっており、名前の通り西表島にしか生息しおりません。
イリオモテヤマネコは山や海岸に生息しておりますが、自然に出会える可能性はほぼ0に近いといってもいいでしょう。
なぜなら生息数は100頭前後とへっていっているのです。(2020年現在)
ならばどうやって見ればいいのか。
特別天然記念物ということもあり、野生生物保護センターにて見ることができます。

野生生活保護センターではイリオモテヤマネコだけではなく、島の生物の資料や剥製などもたのしめます。
またパネルにて自然や地理も紹介されているので、観光スケジュールを立てる一つの選択肢としては便利ですね。
私がおとずれたときは天気がわるかったのですが、室内なので問題なくたのしめるのもいいですね。
せっかくの西表島、必ずイリオモテヤマネコはおさえましょう。
私もそのかわいさに一発で魅了され、また会いにいきたくて仕方がありません。

まとめ

人気NO.1の離島!石垣島

ミシュラングリーンガイド3つ星の川平湾、あっさりと口の中で溶ける石垣牛をおさえておきましょう

宮古島で日本一美しい海や宮古牛を楽しみましょう

日本一美しい海「与那覇前浜ビーチ」や幻の牛肉と言われる飼育数が少なく美味な「宮古牛」を堪能しましょう。

西表島で憧れのあのネコを見にいこう!

なんといっても国の特別天然記念物であるイリオモテヤマネコ。生物保護センターで確実にみましょう。

沖縄にはたくさんの離島があり、それぞれ雰囲気も景色も名物もちがっています。
なかなか全ての島を回るには時間とお金がかかりますかぎられた旅行の時間。下調べをしておくことで行きたい離島、観光地をえらんでみてくださいね。