海外旅行に必要な常備薬って?薬剤師のおすすめ4選!

「海外旅行に薬は必要?」
「旅行に持っていく常備薬、何を用意したらいいの?」
この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

こんにちは、薬剤師のゆうなです。
私は旅行が大好きで、年に何回か旅行に行っています。
今まで旅行に行った中で、薬を持ってきていなくて後悔したことがありました。

今回は、海外旅行に必要な常備薬を解説していきます。
せっかくの海外旅行、体調が悪くてホテルで休んでいた、なんていやですよね。
この記事を読めば、旅行に必要な常備薬が分かって、安心して楽しむことができますよ。

それでは、薬剤師おすすめのお薬を紹介していきますね。


海外旅行に常備薬は必須!海外の薬が合わないワケ

まずはじめに、海外旅行に薬を持っていく必要があるのか、という疑問にお答えします。

結論からいうと、薬はある程度持っていくべきです。

理由は、海外で売られている薬が日本人の体に合うとは限らないからです。

海外の人は一般的に日本人よりも背が高く、体格が良いことが多いですよね。
そのため、同じ成分の薬であっても剤に含まれている量が日本で売られているものよりも多かったりするのです。

私が香港に旅行した際、海外の薬で失敗した経験があります。
船での移動で酔ってしまい、酔い止めを買うことになりました。
飲んで効果はあったものの、飲んだ後の眠気と口のかわきがすごく強かったのを覚えています。

もし薬を使わなかったらただ荷物になるだけ、と思われる方もいらっしゃいますよね。
ただ、何かあったときに海外の薬を飲むのは安心できません。

常備薬は海外旅行の必需品なのです。

薬剤師おすすめ!持っていくべきお薬4選

次に、実際に海外旅行に持っていったほうがいい薬をご紹介します。

おすすめは下の4種類

・解熱鎮痛薬
・風邪薬
・胃腸薬
・酔い止め

1つずつ解説していきますね。

解熱鎮痛薬といえば!イブA EX

解熱鎮痛薬は、熱が出たときや頭痛などの痛みがあるときに使える薬です。
旅先で足を痛めてしまったときの痛み止めとしても役立つので、持っておくと便利です。
解熱鎮痛薬の中でも私のおすすめは、「イブA EX」という商品です。

イブA EX

私が普段から生理痛で手放せない薬なのですが、飲んで30分くらいするとすぐに効いてくれるのがありがたいです。

旅行のときにちょっとした頭痛が気になって楽しめないのは残念ですよね。
カバンにしのばせておくと安心のお薬です。

風邪薬はこれ!パブロン

市販で売られている風邪薬は、風邪のひきはじめに飲むとバシッと効いてくれる薬です。
旅行中に「なんかおかしいな…?」と感じたら、すぐに飲むことをおすすめします。
風邪をこじらせてホテルで1人お留守番になるのはいやですよね。

風邪薬の中で私がおすすめするのは「パブロンSゴールドW」です。

パブロンSゴールドW

私が小さい頃から使っている風邪薬です。
ちょっとしたせきや鼻水によく効いてくれますよ。

食あたりなどに!ビオフェルミン

続いては胃腸薬
海外の食べものや水が合わずにたまにお腹を下してしまうことがあります。
お腹を下してしまったときに役立つのが整腸剤。

下痢はむやみに止めると症状が長引いてしまうので注意が必要です。

整腸剤は、下痢を止めずにお腹の調子を整えてくれるので便利です。

私のおすすめは、「ビオフェルミン」です。

ビオフェルミン

下痢、便秘どちらのときにも使えるすぐれものなんです。
私の友人はお腹が弱かったので、常にビオフェルミンを持ち歩いていました。

乗りもの酔い防止!トラベルミン

最後は酔い止めです。
移動が多い旅行の場合は欠かせないものになります。
先ほどお伝えしたように、私自身酔い止めを持っていなかったことで失敗した経験があります。
普段乗りもの酔いしないというかたも、念のため持っておいて損はないです。

私のおすすめは「トラベルミン」です。

トラベルミン

酔い止めとしても、酔った後の吐き気止めとしても使えるのですごく重宝しています。
人によっては少し眠くなることがあるので注意が必要です。

以上が、私のおすすめする旅行に持っていくべき常備薬でした。

薬を持ち運ぶ時は、可能であれば買ったままの状態で持っていくのがベストです。
空気に触れてしまうと劣化の原因になるからです。

とはいえ、箱やビンのまま持ち運ぶのは少しかさばってしまいますよね。
シートの薬であれば、5−10回分程度を抜き出してそのまま持っていけば大丈夫です。
シートに穴が空かないように、2枚以上持っていく場合は穴が空きやすいほうどうしを合わせるようにして持ち運ぶとよいでしょう。

ビンの薬は、私は1回分ごとにお弁当用のアルミカップに包んで、ピルケースに入れて持ち運んでいました。
アルミカップに包むことで、なるべく空気に触れないようにするためです。
ジップロックなどでも大丈夫です。

ぜひ参考にしてくださいね。


まとめ

今回は、「海外旅行に必要な常備薬って?薬剤師のおすすめ4選!」についてご紹介しました。

海外旅行に常備薬は必須!海外の薬が合わないワケ

海外のひとよりも小柄な日本人には、現地の薬の量が合わない場合があります。
薬は持参することをおすすめします。

薬剤師おすすめ!持っていくべきお薬4選

旅行には以下の4種類を持っていくと安心です。
・解熱鎮痛薬
・風邪薬
・胃腸薬
・酔い止め

万が一の準備も万全にして、海外旅行を楽しんでくださいね。