2月の札幌旅行おすすめスポット!2泊3日で遊びつくせ!

「札幌行ったことないんだけど何があるんだろう」
「初めて冬に札幌行くけど、おすすめスポットってなんだろう」
そんなあなたに、元道民であり、いまは埼玉県民のわたしが、
地元側と旅行側の2つの目線で、

「冬の札幌、本当におすすめなスポット」をお教えします。

実は、冬の札幌市ってなんでも揃ってるんですよ。
たくさんありますよね。
おいしい食べ物、自然、温泉、アクティビティまで様々です。
しかも、2泊3日もあれば、十分満足できます。

ただ、札幌市内とはいってもとても大きく、都内23区の約2倍近くの大きさがあります。なので計画的にどこをめぐるのか決めなければいけません。

「それだと、2泊3日って短くない?」
と思われるでしょうが、そんなことはありません。

私の友人は2泊3日で遊びまくって満足して帰りましたよ。

今回はおすすめスポットを、2泊3日でまわれるように工程の組み方から、おすすめスポットやお食事処までご紹介します。


2泊3日の工程を決めよう

2泊3日の工程だと、実際に使える時間は約2日間です。

飛行機で札幌にくる場合、
1日目 市内に着くのが12時前後の到着。
3日目 夕方発の飛行機。

の場合が多いと思います。
この1日目と3日目は実質半日しか使えません。
また、市内は先ほど言ったとおり、とても広いです。
なので、半日でできることを組み込むべきです。
これらのことをまず頭にいれて組み立てていきましょう。
まずは、移動方法から。

公共交通機関をおすすめします
交通手段だとJRから地下鉄、市電、バスと多様な手段があります。
特に市営である地下鉄、市電、バスは広範囲をカバーしているのでおススメです。
おトクな1日乗車券も販売されているのでおススメですよ。

レンタカーという手段もあります。移動も楽ですが、私はおすすめしません。
まず、雪道を慣れてない方が運転するのは危険です。
私が住んでいたころもヒヤリとした場面が何度もありました。
特に「わ」ナンバーが多かったのを覚えています。
また、中心街は一方通行が多く意外と複雑です。
運転を普段しない方には私はあまりおすすめしません。

そして、あなたの旅行のメインを決めましょう。

・食べ歩き
・アクティビティ(スキーなど)
・観光

旅行の目的は人それぞれです。
おいしいものをたくさん食べたいのか、ガッツリ遊びたいのか。
やりたいことをイメージできると、メインが決めやすくなります。
当然2つあっても構いません。全部やりましょう。

半日:食べ歩き、観光
全日:アクティビティ

札幌ではこの形がメインになります。

まずは、1日目(半日)でできる、観光、食べ歩きからご紹介します。

1日目のおすすめスポットはここだ!

観光編

札幌の観光スポットは比較的中心街に集まってます。
とくに、2月の札幌は雪化粧でガラッと雰囲気が変わるので、
どこに行ってもおススメです。

さっぽろ雪まつり(おすすめ度:☆☆☆☆☆)

毎年2月上旬~中旬に開催される「さっぽろ雪まつり」
3つの会場(すすきの、大通り、つどーむ)があり、メインである大通り会場は、大迫力の雪像が連なっています。
夜間は、ライトアップされ昼間とは別の顔を見せてくれます。

個人的は、イベント会場の「北海道食の広場」は、
毎年道内各地から様々なジャンルが出店しており、手軽に色々なものを食べることができおススメです。

すすきの会場は、大通会場からも近く徒歩でもいける距離です。
こちらは「氷を楽しむ」をテーマに、幻想的な氷像やイルミネーションロード
などもあり、カップルにもおススメです。
こちらは夜に行くのがベスト。

つどーむ会場は2つの会場から少し離れておりますが、大人から子供まで楽しめる会場になっています。
スノーチューブやスノークラフトなどがあり、まさに雪とたわむれるのであればおすすめですよ。

「さっぽろ雪まつり(第72回)の観光情報」
・大通会場
住所  :大通公園 西1丁目~西12丁目
開催期間:2021.2.4[木] – 2.11 [木・祝]
開催時間:ライトアップは22時まで

・すすきの会場
住所  :南4条から南7条までの西4丁目線(札幌駅前通)
開催期間:2021.2.4[木] – 2.11 [木・祝]
開催時間:ライトアップは23時まで
事務所  :一般社団法人 すすきの観光協会(中央区南8条西2丁目)
電話番号:011-518-2005

・つどーむ会場
住所  :北海道札幌市東区栄町885−1
開催期間:2021.1.31[日] – 2.11 [木・祝]
開催時間:9:00~17:00(一部アトラクションは16:00まで)

テレビ塔(おすすめ度:☆☆☆)

大通り公園にあるテレビ塔。札幌市のシンボルです。
360°札幌を見渡すことができます。

私は、初めて見たとき意外と小さいなと思いました。
ですが、のぼっておくべきだと思い、のぼると、高さはそれほどでもないが、
目の前の大通がきれいに先まで見渡せました。

ただ、昼間にのぼってみるほどではないかなと思っています。
しかし、夜にはライトアップされたり、雪まつりの時期と重なると、
とても幻想的にみえて素晴らしかったです。
のぼって上から雪まつりをみたり、下から見上げるのもおすすめです。

「さっぽろテレビ塔」の観光情報
住所  :札幌市中央区大通西一丁目
電話番号:011-241-1131

時計台(おすすめ度:☆☆)

現存する日本最古の時計台です。
今でも鐘を鳴らし続けています。
でもみんな言います。
がっかりしたって。

私も初めて見たときは「期待していたほどじゃないな」と感じました。
ただ、鐘の音はとても澄んでいてきれいな音色で、うっとりしました。
時計台の魅力は外よりも中身にあり、それが地元にも愛されているんだなと感じてます。
一目見るだけでほとんどの人は十分満足してしまいますが、ぜひ、鐘の音も一度聞いてほしいです。

時計台には歴史があるのです。少なくてもそれだけを知ってもらえたら十分です。

テレビ塔、大通りから近くにありますのでぜひ、立ち寄ってください。

「札幌市時計台」の観光情報
住所  :札幌市中央区北1条西2丁目
電話番号:011-231-0838
     011-231-0804
FAX  :011-231-0804

開館時間:8:45~17:10(入館は17時まで)
観覧料 :大人個人:200円(高校生以下無料)
     大人団体:180円(20名以上の場合)

休館日 :年始(1月1日~1月3日)
アクセス ・JR札幌駅南口徒歩約10分
     ・市営地下鉄南北線、東西線、
     ・東豊線「大通駅」下車
     ・市役所側出口徒歩5分

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
(おすすめ度:☆☆☆)

1888年に建てられ、約80年近く使われていました。
赤いレンガ造りからなっており「赤レンガ庁舎」とも呼ばれています。
現在館内は北海道の歴史を紹介する資料を展示しています。

赤レンガの柔らかい雰囲気が、北海道開拓の時代をを感じさせてくれます。
私は、初めて見たとき異国の雰囲気を感じました。
雰囲気を感じ取るだけでもいいので是非一度、足を運んでほしいです。

「北海道庁旧本庁舎」の観光情報
住所:札幌市中央区北3条西6丁目

 藻岩山(☆☆☆☆☆)

新日本三大夜景に選ばれた藻岩山。
JRタワー・大倉山・テレビ塔とありますが、
個人的にはここが一番だと思ってます。

昔は、それほど注目されておらず、のぼったときはそこまで期待していませんでした。
しかし、一目見たとき札幌ってこんな絶景があるんだなと感心してしまいました。
「札幌ってこんなに広い街なんだな」って。
今思うと、この街に住んでいたことがとても幸せだなって思います。

リニューアルした後の藻岩山は札幌市民からも
「魅力的になった」
と言われており、山頂には展望レストラン、プラネタリウムなどがあります。

特に、山頂の展望レストラン「THE JEWELS(ザ ジュエルズ)」は、プロポーズなど、大切な記念日などに利用する人も多いそうです。

ぜひ、大切なあの人と共に行かれてみては?

「藻岩山」の観光情報
住所  :札幌市中央区伏見5丁目3-7
電話番号:011-561-8177

営業時間
・もいわ山ロープウェイ
山麓駅-中腹駅冬期(12月〜3月)
11:00〜22:00 ※上り最終21:30

・ミニケーブルカー
中腹駅-山頂駅11:10〜21:50 ※上り最終21:40

アクセス【市電】
市電停留所「ロープウェイ入り口」下車
そこから無料シャトルバスで2分

【地下鉄とバス】
地下鉄東西線「円山公園」駅 下車→2番出口へ
JR北海道バス ロープウェイ線[循環円11] 乗車
バス停 「もいわ山ロープウェイ」下車

サッポロビール園(おすすめ:☆☆☆☆☆)

出典元: https://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

日本で唯一のビール博物館併設されています。
博物館では、ビールの歴史やおいしいビールのつぎ方まで案内してくれる、
ガイドツアーまであります。

なんとここでは、見学終了後、有料で出来立てのビールが飲めちゃうんです。
北海道限定のクラッシック、開拓使麦酒、サッポロ生ビール黒ラベルの3種類が、一杯200円~というリーズナブルな価格で飲めます。
もちろん、ソフトドリンク、ノンアルコールも販売していますよ。

また、なんとここではジンギスカンも楽しめてしまうんです。
園内にジンギスカンを取り扱う会場がいくつかあるのですが、
「ライラック」ではジンギスカン以外にも様々なアラカルトメニューがあり、
あなたの胃もがっつり満たしてくれますよ。

私は当時、お酒は飲めずジンギスカンをメインに行きましたが、
隣にいたビール好きの父は、楽しそうに歩き回り飲み比べをしていました。
今思うと、行きたくてたまりません。
ビールやお酒好きなら間違いなく天国でしょう。

「サッポロビール園」の観光情報
住所  :札幌市東区北7条東9丁目2-10
電話番号:0120-150-550(サッポロビール園総合予約センターにつながります)
FAX  :011-742-0521
営業時間:11:30~22:00 (ラストオーダー 21:30)
定休日 :12月31日
アクセス

  • 地下鉄東豊線 「東区役所前」4番出口より徒歩10分
  • JR 「苗穂駅」北口より徒歩7分

白い恋人パーク

出典元: https://illumi.walkerplus.com/detail/ar0101e17342/

白い恋人の工場ですが、大きなテーマパークです。

まず、入館料自体は無料ですが、有料エリアがあります。
有料エリアには、工場内の様子やチョコレートの歴史が学べるのですが、入場するとお菓子の白い恋人がもらえます。

また、「私の白い恋人」というオリジナルの白い恋人を作ることが出きます。

さらに、工場見学終了後には喫茶店もあるのですが、ここもおすすめです。
「白い恋人パフェ」が人気ですが、高さ30㎝のフルーツジャンボパフェがイチオシ。家族4人で食べましたが十分な量でおなかいっぱいになりました。

夜には、ライトアップされイルミネーションもあり、カップルにもおススメです。

「白い恋人パーク」の観光情報
住所  :北海道札幌市⻄区宮の沢2-2-11-36
電話番号:011-666-1481 (9:00〜18:00)
開館時間:9:00~18:00(入館受付は17:00、売店は19:00まで)
アクセス :地下鉄東西線 「宮の沢駅」下車 徒歩7分

食べ歩き編
次は肉から海鮮、スイーツまで。
札幌中心街を起点にして、なるべく価格、場所共に行きやすい場所選びました。では順番に紹介します。

海鮮系

根室花まる JRタワーステラプレイス店

出典元: https://www.sushi-hanamaru.com/store/details/s03.html

「え、回転ずしなの?」って思う方もいるかもしれませんが、
北海道の回転寿司屋って基本的にレベルがすごく高いです。
なかでも、ここはコスパ高いですよ。
場所はJR札幌駅に隣接しているJRタワーステラプレイスにあり、
駅から外に出ることなくいけます。

基本的になにを食べてもおいしいですが、
個人的にはサーモンの中落ちをつかった軍艦が好きです。
なかなかサーモンの中落ちは珍しくお気に入りの品です。
他にも北海道ならではのネタが数多くあり、いつ行っても飽きさせません。

ちなみに、お昼時の時間は激混みです。一時間以上待つのもザラにあります。
毎回お昼については80分待ちとかで、
「ディズニーかよ。」
ってツッコんでは後悔してました。。

予約はありませんが、発券機があります。
しかし、並ぶのが苦手ならオープン直後に行くことをおススメします。

「根室花まる JRタワーステラプレイス店」の店舗情報
住所  :北海道札幌市中央区北5条西2丁目ステラプレイス6F
電話番号:011-209-5330
FAX  :011-209-5331
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー 22:15)
予約  :不可
支払い :クレジット、電子マネー可

回転寿しトリトン

もう一つ紹介させてください。回転寿しトリトン です。
ここは、住んでいたころから通いつめていました。

おすすめはサーモンです。ふつうのサーモンですが
「なんでかわからんけどうまい。」
そんなお店です。それだけ質が高いってことです。

この店は全体的に質が高いです。
また、旬の幸をつかったメニューも取り揃えてあり、
総じてレベルが高かった印象をもっています。

この店もピーク帯は1時間以上待ちます。
基本的に現地に行ってから予約ができますが、
円山店のみ、「EPARK」というアプリを使えば、事前に予約ができます。

 「回転寿しトリトン 円山店」の店舗情報
住所 :北海道札幌市中央区北4条西23丁目2番17号
電話番号:11:00 〜 22:00(ラストオーダー21:30)
予約 :アプリ「EPARK」使用かつ円山店のみ予約可
支払い :クレジットカード不可

海鮮食堂 北のグルメ亭

出典元: https://entame-news.net/gourmet-259/

札幌中央卸売市場(場外市場)にあるお店。
ここは数多くのメニューがあり、様々な海鮮丼が味わえます。
コスパが高く、ボリューム満点。

都内でよく見かける、
写真はやたら迫力あるのに実は小さかったことはよくあります。
しかし、ここは想像以上の満足を得られますよ。
都内で同じ金額出したら、こちらは間違いなくおつりが来ます。

道外から引っ越してきた私には、
初めて食べたとき値段とボリュームに衝撃を受けました。
このときばかりは北海道を崇拝したのをおぼえています。
だって、他の店もボリューム満点なんです。

また、食べ終わったら、場外市場内にお店があるため、
帰りにお土産でお買い物なんてのもできます。もちろん、郵送もできますよ。

 「海鮮食堂 北のグルメ亭」の店舗情報
住所:札幌市中央区北11条西22丁目4-1
電話番号:011-621-3545
FAX     : 011-621-3546
営業時間:7:00〜15:00 ラストオーダー 14:30 
定休日:年中無休
支払い:カード可

らっきょ

出典元: https://hokkaidos.net/rakkyo-esta

元祖スープカレーの元祖といわれる有名店です。
スパイス以外は道産のものを使うこだわりっぷり。
あっさり系ですが、こってり好きにも満足できるできるもので、
ペロッと食べてしまえることができます。

私は、ここで初めてスープカレーを食べました。
最初は、写真で見てもイメージがあまりわかなかったのですが、
食べてみて納得。もちろんスープはサラサラしてますが、
普通のカレーと違いパクパク食べれるんです。
また、具材もゴロっとのっているので、存在本来の味や触感を楽しめたのはとても新鮮でした。

おすすめは「知床鶏スープカレー 北海道産」
スプーンの先でつつくと、ホロッと骨から剥がれる柔らかな知床鶏がたまりません。

スープカレーまだ食べたことがないって方は、ぜひ、食べるべきです。

「らっきょ」の店舗情報
住所  :北海道札幌市西区琴似1条1-7-7 カピテーヌ琴似 1F
電話番号:050-5590-8610
営業時間:平日  11:30~15:00 17:00~22:00 
     土日祝 17:00~22:00

定休日 :第3水曜日
支払い :カード不可
予約  :可

スープカレーGARAKU

出典元: https://travel.navitime.com/ja/area/jp/guide/NTJcts1005/

店外まで並ぶ超人気店です。1時間以上並ぶのもザラにあります。
コク旨・秘伝スパイス・和風ダシをコンセプトとしており、
コク旨スープが自慢です。
おススメは、「とろとろ焙り焙煎角煮」
とろっとろの角煮を備長炭で炙ったこの店の人気ナンバーワンです。
この角煮が香ばしくてなまらうまいんです。
そこに、揚げブロッコリーをトッピングするのがおススメ。
常連には人気で、私も頼んでみましたが、
とにかくブロッコリーがおいしいんですよ。
揚げることで、しっかり旨味を引き出していて
生まれて初めてブロッコリーがおいしいと思いました。

もちろん、カレーも絶品です。
「友達を連れてくなら、らっきょかGARAKUの二択だな。」と思っています。

「スープカレーGARAKU」の店舗情報
住所  :札幌市中央区南2条西2丁目6-1 おくむらビルB1 北側入口
電話番号:011-233-5568
営業時間:ランチ  11:30~15:30(LO15:00)
     ディナー 17:00~23:30(LO22:30)
スープなくなり次第終了
支払い :カード不可
定休日 :不定休
予約  :不可

すみれ 札幌すすきの店

出典元: https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1009050/

全国的に超有名店、’’札幌味噌ラーメン’’の王道です。

すすきの駅から徒歩1分とアクセスが良く、札幌の思い出として味噌ラーメンを選ぶのではここがいいと思います。

まさに王道の味噌ラーメンでした。コク旨でこれは誰もが納得するなと感じました。ひき肉がまたいいアクセントになっているのも良いです。

王道を食べてから、地元民に愛される系のほかの店に行くと、
味噌ラーメンの違いがよくわかります。

「すみれ 札幌すすきの店」の店舗情報
住所  :札幌市中央区南3条西3丁目9-2 ピクシスビル 2F
電話番号:011-200-4567
営業時間:平日・土曜:11:30~15:30 17:30~25:00
     日曜・祝日:11:00~15:00 17:00~23:00
定休日 :不定休

麵屋 彩味

出典元: https://blog.webproduct-lab.com/entry/saimi

札幌ラーメン食べログ1位。こちらも札幌を代表する味噌ラーメンの一つ。
よく行列ができており、開店前から並んでいることも。

すみれの暖簾分けしたお店であり、浮いた油がラードを熱を逃がさない、
濃厚なのにショウガによるさっぱりとした味など、共通する部分はあります。
あっさり系でありながら、こってり好きにも支持される、みなに愛されるラーメンです。

この頃、塩ラーメンにずっとハマっていて、味噌が有名なのに、なぜか塩ラーメンを頼んでしまいました。
しかし、塩も美味しくて、「味噌で隠れてしまっているけど、塩もありだな。」と思えるほど、塩もおススメです。

「麵屋 彩味」の店舗情報
住所 :北海道札幌市豊平区美園10条5-3-12
電話番号:011-820-6511
営業時間:火・水 11:00~15:15
木~日 11:00~15:15 17:00~19:30
定休日 :月曜
支払い :カード不可

元祖さっぽろラーメン横丁

出典元: https://www.jalan.net/news/article/289402/

とにかくいろんなラーメンを食べたいという方。
ここには色々なラーメン屋が軒を連ねてます。

なんとここは’’札幌味噌ラーメン’’発祥の地と言われています。

白樺山荘などの有名店などから、地元民に愛されるラーメン屋まで。
どこ行けばいいか迷っちゃうなんて思ったらここに行くのもありかもしれません。

私はこの昔ながらの雰囲気がとても好きです。
また、深夜遅くまで営業してるので、すすきので飲んだ後の〆にもいいですよ。

「元祖さっぽろラーメン横丁」の情報
住所 :札幌市中央区南5条西3丁目6 N・グランデビル1階
定休日:店舗による

成吉思汗 だるま本店

出典元: https://4travel.jp/magazine/gourmet/00147

ジンギスカンの名店「だるま」は地元民が「ジンギスカンでおいしい店は?」
と聞くと、多くの人が『だるま!』というほどの人気店です。

メニューはシンプルで、ジンギスカンとライスとおつまみ系のみ。

ジンギスカン苦手なんだよねって思っているあなた。
常識ひっくり返りますよ。

週末は空席待ち必須で、予約ができません。
早めに行って待つか、深夜まで営業しているので、余裕がある方は深夜に行くのもおすすめです。

「成吉思汗 だるま本店」の店舗情報
住所  :北海道札幌市中央区南五条西4 クリスタルビル 1F
電話番号:011-552-6013
営業時間:17:00~03:00 (L.O.02:30)
支払い :カード可 電子マネー不可
予約  :不可

出典元: http://www.snowbrand-p.co.jp/restaurant/01_parfait_jumbo.htm

言わずと知れた有名店。その本店が札幌にあります。
ここのおすすめはさっぱりとしたアイスに、
濃厚な生クリームを使ったパフェです。

写真のようなビックなパフェから、総重量約8.7キロのドリームジャンボパフェまで、インパクト十分のパフェがり、思い出づくりにもってこいです。

興味本位で友達とジャンボパフェを頼みましたが、見た瞬間、
「これはやっちまったな・・・」
と思ったのもいい思い出です。でも、ちゃんと食べましたよ(笑)

ただ、想像以上にデカいので、食べるときは覚悟してくださいね。

もちろん、普通サイズのパフェもあります。

「雪印パーラー 札幌本店」の店舗情報
住所  :札幌市中央区北2条西3丁目1-31 太陽生命札幌ビル1階
電話番号:011-251-7530
FAX  :011-251-7530
営業時間:売店 10:00~21:00
     喫茶 10:00~21:00(ラストオーダー 20:30)
定休日 :無休
支払い :カード可 電子マネー不可

六花亭 札幌本店

お土産の定番「マルセイバターサンド」がアイスになった、
「マルセイアイスサンド」が食べられます。

しかし、このアイスサンド、北海道限定であり、しかも、
六花亭のお店でも3店舗でしか食べれない非常に貴重なものなのです。

2階に喫茶室があるので、一休みすることもできます。

「六花亭 札幌本店」の店舗情報
住所  :北海道札幌市中央区北4条西6-3-3
電話番号:0120-12-6666
営業時間:10:00~19:00 2F喫茶室は10:30~18:00(L.0.17:30)
日曜営業
支払い :カード可

きのとや 大通公園店・きのとやカフェ

スイーツ好きなら誰もが知るチーズタルト「BAKE」
それの親元が’’きのとや’’なのです。

写真の「オムパフェ」は生クリームと6種類のフルーツが飾られた
ボリューム満点のスイーツ。他にもソフトクリームがあり、
「極上牛乳ソフト」は新千歳空港ソフト・アイスクリーム総選挙2018・2019で
2年連続第1位・ゴールド賞に輝いた人気のソフトクリームです。

極上牛乳ソフトは新千歳空港で食べたことがありますが、濃厚なミルクに驚きました。また、値段も410円と手頃ながらボリューム感もあるのも魅力です。

「きのとや 大通公園店・きのとやカフェ」の店舗情報
住所  :札幌市中央区大通西3丁目北洋大通センター1階
      地下歩行空間直結(13番出口)
電話番号:011-233-6161
営業時間:8:00~21:00
休業日 :1月1日
支払い :クレジット可、電子マネー可

以上が、おすすめの食べ歩き&観光スポットです。おいしいお店ってたくさんあるのですが、観光客目線でみると「やっぱりここかな~」と思うところをあげました。ピックアップしたお店も比較的中心街にあるものをセレクトしました。

ぜひ、気になるお店があったら行ってみてくださいね。


2日目は遊ぶのもよし、ゆっくり癒されるのもよし。

2日目は唯一1日フルで使える日です。遊ぶのもよし、まったりするのもよし。
1日かかるものは、ここでやり切っちゃいましょう。

アクティビティ・レジャー編
スキーやスノーボード、ウィンタースポーツはこの日にやりきっちゃいましょう。
え?スキー苦手だって?
大丈夫。そんなあなたでも楽しめる場所がありますよ。

まずは先におススメのスキー場を紹介します。

札幌藻岩山スキー場

出典元: https://www.sapporo.travel/special/feature_article/ski_resorts/

札幌市街地からも近く、ほぼ全コースナイター営業もしています。
夜には夜景も見えるので、幻想的な眺めをしながらスキーなんてのもできます。
スキーを楽しんだ後は、先ほど紹介した藻岩山からの夜景を楽しむこともできますよ。
レンタルあり。

※全コーススキー専用、スノーボードは全面滑走禁止です。

スノーボードは滑れません。

「札幌藻岩山スキー場」のスキー場情報

住所  :北海道札幌市南区藻岩下1991
電話番号:011‐581-0914
営業時間:8:30~21:00
アクセス [公共交通機関]

  • 地下鉄南北線 「真駒内」駅 下車
  • 臨時藻岩山スキー場線 乗車

サッポロテイネ

出典元: https://www.ski-ichiba.jp/hokkaido/osaka/sapporoski.html

市街地からもそこそこ近く、雪質も良質なのがサッポロテイネスキー場です。
まずは、この景色。
石狩湾を一望できて、私も気にいっていてなんども滑りに来ました。

そして、ここはコースがとても豊富で1日滑ってても飽きません。
冬季オリンピックに使用されたコースや聖火台なども残されています。
この聖火台コース、上級者コースで私はなんども痛い目にあいました。
滑るときは気をつけてくださいね。
レンタルあり。

バス、タクシーパックなどの多種多様の行き方があるのもおすすめ。

「サッポロテイネ」のスキー場情報

住所  :札幌市手稲区手稲本町593
電話番号:011-682-6000
アクセス [公共交通機関]

  • JR「手稲」駅 下車
  • JR北海道バス JR手稲駅南口3番乗り場
  • 「手稲オリンピア前」or「テイネハイランド」下車(どちらでもいけます。)

[直通バス]※一週間前までに要予約

  • 札幌各主要ホテルor札幌南口 北4西4 加森ビルから乗車
  • 直行約50分

[タクシーパック]※出発日の前日15:00までに要予約

  • 札幌中心部のホテルまでお迎え
  • 直行約40分

札幌国際スキー場

出典元: https://www.nihon-kankou.or.jp/snow/searchDetail.jsp?ken__=hokkaido&shi__=01100&id__=01100ca3470058006

わたしの一番のおススメは札幌国際スキー場です。
なんと言っても、パウダースノーが素晴らしいです。

札幌市内から日帰りで行けるスキー場の中では、ここの雪質は、
ぶっちぎりで1位だとまじめに思っています。

埼玉県に移住してからも数々のスキー場を滑ってきましたが、
初めてここを滑ったとき、この雪質にビックリ。
雪ってこんなに軽いんだって。心から思いました。
今は、また埼玉に戻っていますが、札幌市民は日帰りでこの雪質を
楽しめるのだからホントにうらやましいし悔しい(笑)

がっつり滑りたい方、ぜひ行くことをおススメします。

レンタルあり。
札幌駅前からバスあり。

もし、車で行く方は後ほど紹介する豊平峡温泉もおススメです。

「札幌国際スキー場」のスキー場情報

住所  :札幌市南区定山渓937番地先
電話番号:011-598-4511
アクセス [バス]
・地下鉄南北線「真駒内」駅からバスで60分

ノースサファリサッポロ

出典元: https://sapporo.keizai.biz/headline/3015/

「スキー苦手なんだよね」そんなあなたに。
ここノースサファリサッポロでは、写真のような犬ぞり体験から、

バナナボート、スノーモービル体験、ポニー乗馬体験など様々なアクティビティができ、楽しめること間違いなし。

バナナボートやポニー乗馬体験などを一通りやってヘトヘトになりました。
全部やると結構疲れるんですよ。

ただ、そのあとの犬ぞり体験は、疾走感もあり楽しすぎて疲れが吹っ飛びました。犬がとにかくかわいい。

またアクティビティ以外にも、色々な動物ともふれあえます。
動物好きにもおすすめです。

「ノースサファリサッポロ」の観光情報

住所  :札幌市南区豊滝469-1
電話番号:080-1869-6443
送迎用
電話番号:090-3462-5096 
アクセス:[バス]

  • JR札幌駅 じょうてつバス「定山渓温泉行き」乗車
  • 豊滝小学校 下車
  • 無料シャトルバス(送迎専用ダイヤルで電話)

まったりしたい人へ

豊平峡温泉

源泉100%かけ流しの温泉で、ここのインパクトはとても大きかったのを覚えています。

まずは、露天風呂の広さ。一度に100人はいれる程の大きさで、
初めて入った時は衝撃でした。なまら広いんです。
また、雪化粧をまとった景色がとてもきれいです。
温度も少しぬるめでいつまでも入ってられます。

また、ここの温泉は飲泉もできるので気になった方は飲んでみてはいかがでしょうか。

そして、男湯女湯で入れ替わると、造りもそれぞれ違うので、
また景色が変わって新鮮なんです。

それが味わいたくて、何度か足を運びました。

そしてもう一つのメインがインドカレーです。
着いた時にスパイスの香りがすると思うのですが、これが正体です。
本格インドカレーでナンも一から窯で作り仕上げるこだわりっぷり。
ホントに絶品なんで、お風呂上りにぜひ食べてみてください。

そして、また温泉にもどる。

これの繰り返しで私は気づいたら1日が終わってました(笑)

「豊平峡温泉」の温泉情報
住所  :北海道札幌市南区定山渓608−2
電話番号:011-598-2410
アクセス

  • JR札幌駅 じょうてつバス「かっぱライナー号」or「豊平峡温泉行き」乗車
  • 終点「豊平峡温泉」下車

3日目は時間勝負!

ほとんど方が、札幌には飛行機で来ているかと思います。
そして大体のひとは、夕方の飛行機ではないでしょうか。
となると、遅れるわけにはいかないので午前中からお昼過ぎが勝負になります。

そして3日目には大きく分けて3種類の人間がいると思います。
・札幌には満足した人
・やりきれなくて後悔してる人
・札幌には満足したけど物足りない人

3日目はその3種類をどっちも満たしてくれます。

まず満足した人ともの足りない人へ。
大きくわけて2種類の選択肢があります。

まず一つはもう空港に向かってしまうことです。

もちろんはやく空港に行くことになりますので、朝は余裕を持てますし、
ゆったりとお土産選びができます。
また、空港内は食事から、喫茶店、映画から温泉までなんでもそろってます。
早めに行って、ゆったりとすごすのもいい選択です。

2つ目は小樽観光も視野にいれることです。

電車で30分ほどで行け、小樽運河などの観光も半日あれば十分できます。

また、空港への直通列車もありますので、移動も楽です。

私は、この半日で主要のスポットはまわれて空港にも一時間前につけましたので

おすすめです。

そして、満足してない人へ。
「行きたいところへいけなかった。」
「行列で時間をとられてあまり時間がなかった。」
旅行はすべてが計画通りということはありません。
トラブルがつきものです。

なのでもう一度各々いけなかったお店や場所などこの日に行きましょう。

そのための3日目です。

札幌は人口はもちろん観光客も多い街です。
どうしても、並んでしまうなど時間にムダができることもあると思います。

ただ、幸い札幌はどの場所にも行きやすくあまり時間がかかりません。

ここでトライしてしっかり目的を達成しましょう。

冬の札幌の注意点

冬の札幌は思っている以上に寒いです。
ただ、施設内にはいると暖房がガンガンに効いていて逆に暑くなってしまいます。

なので、コートなど気温調節がしやすい服装で行くことをおススメします。

そして雪道を歩くときには、なるべく歩幅を小さく、すり足で足裏全体で地面に着く歩き方をしましょう。

これは、少しでも接地面積を増やし滑るのを抑えるためです。
私も、この歩き方をしてから転ぶのがかなり減りました。
ただ、気を抜いていつもの歩き方すると転びましたけどね(笑)

【番外編】夕食はおいしいごはんとお酒で楽しみたい方に!

「せっかく北海道に来たのだから夕食は美味しいごはんでお酒を飲みたいな。」
そんなあなたにおススメの居酒屋を紹介します。

えびかに合戦札幌本店

出典元:https://www.hotpepper.jp/strJ000100030/

ここは、えび、かにの食べ放題コースがあるお店。
たらふく食いました。
ただ、カニを食べるときって無言になりがちです。
30分くらい平気で無言で食べてました。

がっつり、えびとカニが食べたいって人はおすすめです。

また、12階の店内から夜景を見ながら食べることもできますよ。

「えびかに合戦札幌本店」の店舗情報

住所  :北海道札幌市中央区南四条西5F-45ビル 12F
電話番号:011-210-0411
営業時間:16:00~翌0:00 日曜営業
定休日 :年末年始
支払い :カード可
予約  :可


豪快居酒屋舟盛屋 別邸炙り茶屋

出典元: https://www.mmu-mg.com/%E8%B1%AA%E5%BF%AB%E5%B1%85%E9%85%92%E5%B1%8B-%E8%88%9F%E7%9B%9B%E5%B1%8B-%E5%88%A5%E9%82%B8-%E7%82%99%E3%82%8A%E8%8C%B6%E5%B1%8B/

ここはホントにビックリしました。
写真のような船盛がそのまんまでてきます(笑)
欲望をすべて満たしてくれるようなボリュームに圧倒されました。

写真で見るより、生で見た時のほうがインパクトがすごくて、
圧倒されすぎて、この時「すごっ」を連発していました。

お店も落ち着いた雰囲気で、個室から半個室まで様々な席があり、ゆったりすごせます。

ここはぜひおすすめです。

「豪快居酒屋舟盛屋 別邸炙り茶屋」の店舗情報

住所  :北海道札幌市中央区南3条西2-10-1
電話番号:011-210-7020
営業時間:・昼…11:30~14:00(L.O.13:30)※土・日・祝祭日ランチは休み
     ・夜…17:00~23:30(L.O.22:30)
      日曜…17:00~23:00(L.O.22:00)

定休日 :不定休(年末年始)
支払い :カード可 電子マネー不可
予約  :可

古艪帆来 (コロポックル)

出典元: https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1003744/

すすきののど真ん中にあり、美味しい海の幸がリーズナブルに楽しめるお店です。
お店の人も親切で、とても気分がよかったのをおぼえてます。

海の幸はもちろん、サイドメニューも豊富で、
ここのお気に入り、ラーメンサラダがとてもおいしかったです。
タレが美味しくて、これだけで何皿もいけちゃいます。
またカニをほぐした身がいいアクセントになって、口の中にカニに風味が広がりたまりません。

また北海道の地酒もそろっているので、美味しいお酒と楽しみたい方はぜひ。

古艪帆来 (コロポックル)の店舗情報
住所  :北海道札幌市中央区南四条西4 松岡ビル 3F
電話番号:050-5868-4194
営業時間:【月~土】  15:00~22:00
     【日・祝】    定休日
支払い :カード可 電子マネー可
予約  :可

まとめ

2月は2泊3日で工程を組むのがカギ

札幌を日帰りや一泊二日で来る人は結構いらっしゃいます。
ただ、それだとどうしても時間が足りません。
2泊3日にすることで、余すことなく楽しめます。

また、2泊3日だと旅行期間もちょうどいいのでスケジュールに組み込みやすいのも、ポイントです。

ただ、札幌市は大きいので計画をたてないとまわれません。

自分たちのメインがなにかをしっかり確認し、予定をつくりましょう。

1日目はスタートダッシュが肝心。近いところからまわっていこう。

札幌に着いたらすぐ行動しましょう。
そしてなるべく多くのスポットをまわるべく、近いスポットからまわるのをおすすめします。夜景が見たいなどはもちろん最後で構いません。
ただ、やりきれなかった場合、3日目にまわすことになるので数をこなすのが大事です。

食べ歩き・観光スポットについて

2つの条件を組み合わせてもいいですし、メインを一つにするのもアリです。
行ってほしいポイントはなるべく中心街を中心に取りあげたので、
探索しやすいかと思います。

お店などに行く際は、予約できる店やできない店がありますので、しっかり確認していきましょう。

2日目は思いっきりフルに使おう

唯一1日フルで使える日です。
アクティビティや温泉などはこの日にしましょう。
時間を気にしながらスキーや温泉は満喫できません。
今回取り上げたスキー場は、どこを選んでも満足できるスキー場です。

近場で景色も楽しみたいなら、’’藻岩’’ ’’テイネ’’。
ガッツリ滑りたい方は’’札幌国際’’をおススメします。

ただし、スノーボードをやる方は藻岩スキー場ではできませんので、
お気を付けください。

ノースサファリサッポロは、誰もが雪とたわむれることができます。
スキーなどが苦手な方や、家族連れにもおススメです。

豊平峡温泉は、一度入浴料を払ったら入り直しもできます。
「カレー食べた後にもう一度…」なんてこともできるので、
心行くまで堪能してください。

3日目はそれぞれの状況に合わせよう

3日目はそれぞれ状況が違います。
満足した人もいればやり残した人もいるはずです。

もし満足した人は、小樽観光に行くのもよし、
早めに空港に行ってくつろぐのもいいでしょう。

小樽は30分ほどで行ける近場なので、
もし余裕がある方は小樽観光もおススメします。
札幌と違ってレトロな雰囲気があるので、新鮮ですよ

私は、過去に札幌に住んでいてほとんどやりつくしました。
正直、おすすめの観光地やお店などはまだまだたくさんあります。
ただ、旅行者からみれば「札幌じゃなくてもいいんじゃない?」
という場所もまたたくさんあるのも事実です。
それだけ、魅力にあふれた街なのです。

ここまで魅力的な札幌をぜひ、楽しんで旅行してほしいと思います。